リサイクル [編集]

リサイクル[文明(N)](この呪文を墓地からコストNを支払って唱えてもよい。そうして唱えた後、墓地に置くかわりに自分の山札の一番下に置く)

キーワード能力の一つ。DMR-16極で登場。
ここでは同様の能力を持つ、リサイタルについても解説する。

この能力を持つ主なカード [編集]

連唱 ハルカス・ドロー C 水文明 (2)
呪文
カードを1枚引く。
リサイクル[水(3)]
連唱 フェアリー・ダブルライフ C 自然文明 (5)
呪文
自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。
リサイクル[自然(8)]

全て呪文が持つ能力であり、カードごとに指定されたコスト文明を払えば墓地からも詠唱できる。唱えた後は山札の下へ戻っていく。
実際のテキストでは、この能力を持つカードはカードの文明と支払う文明が同じであるため、文明の支払いの指示に関しては省略されている。

ハンデスなどに多少の耐性があり、手札交換で気軽に捨ててリサイクルすることもできるが、やはり手打ちとリサイクルで2度使いたいところ。

  • 元のコストとリサイクル用コストでは、必ずしも元コストの方が軽いとは限らない。
  • この能力を持つカードは、マナコストの円の周りに三つの三角形が付いている。同じようなデザインがなされた能力にマナ爆誕がある。
  • デザインの原型はMagic:The Gatheringのフラッシュバックと思われる。
    そちらは唱えた後は追放されるため、基本的に再利用ができない点でリサイクルとは異なる。
  • 「コストNを支払って〜」という条件がなくなったもの、言い換えればキーワード能力ではなくなったものに《絶望と反魂と滅殺の決断》が存在する。

この能力を持つ呪文 [編集]

参考 [編集]