《エラッピ・ジナン》 [編集]

エラッピ・ジナン C 闇文明 (4)
クリーチャー:ファイアー・バード/ハンター 2000+
ハンティング
コスト6以下の呪文によって、相手がバトルゾーンにあるクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。

DMR-05で登場したファイアー・バード/ハンター

ハンティングと、コスト6以下の呪文に対するアンタッチャブルを持つ。

限定的アンタッチャブルは魅力的なのだが、全体を対象に取るタイプである《スーパー・スパーク》《ゼンメツー・スクラッパー》《大きくて小さな農園》コスト7以上である《めった切り・スクラッパー》《地獄スクラッパー》等、回避できない除去呪文は少なくない。

一応《デーモン・ハンド》《スーパー炎獄スクラッパー》《父なる大地》等の代表的S・トリガーを回避でき、各種超次元呪文も大抵回避できるこの能力はなかなか悪くなく、対コントロール性能はそこそこ。サイクル内では最も使いやすい1枚だろう。

だが、逆に言えばそれだけである。準バニラに4コストも払えるかとなると採用は難しいところ。

文明種族、単体ではハンティングによってわずかに上回るのみのパワーを考慮しなければ、DMRP-01で登場した《異端流し オニカマス》に軽くコストパフォーマンスで劣る。こちらが文明であり、あちらより5年近く前のカードであるとしても、あんまりであろう。

サイクル [編集]

ファイアー・バードの3兄弟サイクル。それぞれ「コスト6以下のカード」に対する何らかの耐性を持つ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]