《ガンザン戦車(せんしゃ) スパイク7K(セブンケー) [編集]

ガンザン戦車 スパイク7K SR 火文明 (6)
NEOクリーチャー:ビートジョッキー 7000+
NEO進化:自分の火のクリーチャー1体の上に置いてもよい
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーは、それぞれ次のうちいずれか1つの能力を得る。
►このターン、そのクリーチャーのパワーは+5000され、シールドをさらに1つブレイクする。
►このターン、そのクリーチャーのパワーは+2000され、アンタップしているクリーチャーを攻撃できる。

DMRP-01で登場したビートジョッキー

NEOクリーチャーであり、バトルゾーンに出たターン2種の効果を持つパンプアップを選択できる。

決定的なパワーを持つクリーチャーの少ないビートジョッキーの火力と打点を確保出来る点は非常に優秀。
コスト《リンクウッドの魂燃焼!》《カンクロウ・ブラスター》などを彷彿とさせるパワーアップ効果に大型クリーチャーが付いてくると考えると、かなりハイスペックな1枚である。
それらと同様、味方がある程度並んだ状況で普通に出すだけでも戦況を一変させるだけの働きが期待できるが、真価はやはりNEO進化を使って出した時だろう。

NEO進化を使って出した場合、自身に上の効果を適応させればそのターン中はパワー12000のT・ブレイカー、下の効果ならパワー9000のアンタップキラーとなる。
自身が優勢なら先陣を切ってT・ブレイクを決めても良いし、劣勢かもしくは厄介なアンタップクリーチャーがいる場合などには、高パワーを生かして味方の為の活路を開いたり、味方と一斉に殴り返して盤面を処理するなど、1ターン限定ではあるがかなり器用な動きが出来る。

主にパワーの低いクリーチャーブレイク追加能力を、パワーの高いクリーチャーにはアンタップキラーを与えると良いだろう。
勿論、全クリーチャーブレイク追加能力を与え、総攻撃を決めてもよい。

サイクル [編集]

DMRP-01で登場したベリーレア以上のNEOクリーチャーサイクル

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]