《コッツナ》 [編集]

コッツナ UC 自然文明 (6)
クリーチャー:グランセクト 12000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体のKP能力を使う)
KP−他のクリーチャーを1体選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーはパワーを+3000され、相手プレイヤーを攻撃できない。

DMRP-04裁で登場した自然グランセクト

相手プレイヤー攻撃できないデメリットはあるが、バトルゾーンに出た時にキズナによってキズナマークに書かれた能力を1つ使うことができ、このクリーチャー自体は《Rev.タイマン》を髣髴とさせる足止め能力を持っている。それに加えてS・トリガーもついている上に、パワーも12000ある。

類似スペック《怒号するグリンド・ホーン》などと違い次の自分のターンまで効果があるので、自分のターン中に素出ししてシールドへの攻撃を防ぐ用途にも使える。
《轟く侵略 レッドゾーン》なども相打ちに持ち込めるそのパワーで、トリガーした後は殴り返し要員として多くのデッキに対して睨みを利かせることが可能。

同弾収録の《バードリアント》とは非常に相性が良く、あちらの能力で踏み倒せるパワー12000以上であり、登場時のキズナ《バードリアント》キズナ能力をもう一度使用できる。
どうしても止めたい相手クリーチャーがいるなら、連鎖させずに自身のキズナ能力パワーアップさせるのも勿論あり。
さらにキズナコンプで再利用すれば、使用者をパンプアップして殴り返し火力への除去耐性に役立てたり、逆に相手クリーチャーシールド攻撃できない状態にして時間を稼ぐといった動きも可能。

同じく《バードリアント》から出せるキズナ持ちの《マスティーカ・パンツァー》《夜のコッツナ》と比べて、終盤のサポートは勿論序盤でも防御S・トリガー殴り返し要員として運用可能で、3体の中でも特に腐りにくいのが利点。
【バードリアント】は序盤殆ど展開できない事もあって守りが薄くなりがちで、このクリーチャー能力殴り返しに助けられる場面も多い。

最悪トリガーしたこのクリーチャー自身を《バードリアント》進化元にしても良く、序盤手札に余ってマナゾーンに置いてしまっても、《ナ・チュラルゴ・デンジャー/ナチュラル・トラップ》などを経由して《夜のコッツナ》共々バトルゾーンに戻すことが可能で、そういった意味でも腐りにくい。
このカード抜きでも専用デッキ【バードリアント】を組む事自体は可能だが、一方で使わない理由もほとんど無く、ほぼそちらにおける必須カードと言っても過言ではない。

その他コスト6である点は【ガチャンコ ガチロボ】と、パワー12000である点は【ゲイル・ヴェスパー】とも相性が良い。
それらや【バードリアント】の様にファッティばかり入ったデッキなら、パワーアップした相手クリーチャーに殴り返される心配も少ないだろう。
単体性能もさることながら、それ以上にサポートに恵まれたカードであると言える。

  • モデルはココナッツ。カードイラストには頭がココナッツになっている2頭身のグランセクトの男の子が描かれており、この小さな体に12000ものパワーが秘められていると思うと少し感心するものがある。

サイクル [編集]

DMRP-04裁で登場したS・トリガー付きキズナサイクル

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]