《ジョラゴン・ビッグ100(ワンハンドレッド) [編集]

ジョラゴン・ビッグ100 SR 自然文明[ジョーカーズ] (10)
クリーチャー:ジョーカーズ 15000
マッハファイター
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、そのターン、自分のクリーチャー1体のパワーを2倍する。その後、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その2体をバトルさせる。相手のクリーチャーがそのバトルに負けたら、それと同じコストを持つ相手のクリーチャーをすべて、持ち主の山札の一番下に置く。

コロコロコミック2019年2月号で登場した自然ジョーカーズ

バトルゾーンに出れば、このクリーチャーだけでもパワー30000以下のクリーチャーを打ち取れ、さらにそのバトルで相手のクリーチャーが負けた時に同コストの相手クリーチャーを全てデッキボトムに送る除去を放つ。マッハファイターも持っているため、もう一度バトルの機会が設けられる。しかし、コストが10とかなり重く、自力でコスト軽減できる能力も持っていない。なるべく早く出したい場合は《スコプンプン》などJチェンジ10持ちを頼る必要がある。

【バラギアラループ】【ガチャンコ ガチロボ】【九極侵略】【ミセス・アクア】など同コストクリーチャーを並べるデッキ相手にはそのまま勝負を決められる。しかし相手が展開した後でなければ一掃出来ない上に、コストが重いのでこのクリーチャーが出る前にそのまま押し切られてしまう事もある。単純に除去するだけであれば、不確定ながら《キング・ザ・スロットン7/7777777》でも事足りる。

【10軸ガチロボ】ならば独特の強さを発揮できる。
自然かつ非進化かつ10コストで複数体除去できるのはこのカードと《スペリオル・シルキード》のみであり、その《スペリオル・シルキード》にはガチロボやガチロボで出したクリーチャーも巻き込んでしまうという弱点がある。
その他の色で見ても、複数体除去できるクリーチャーは《勝利のレジェンド ガイアール》《ジョニー&ジョラゴン 〜Jの意志〜》《超銀河竜 GILL》《深海の伝道師 アトランティス》のみであり、差別化は容易である。

旧テキスト [編集]

マッハファイター
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、自分のクリーチャー1体のパワーを2倍する。その後、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その2体をバトルさせる。相手のクリーチャーがそのバトルに負けたら、それと同じコストを持つ相手のクリーチャーをすべて、持ち主の山札の一番下に置く。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]