《ダヴィンチ高度(こうど)1000m(メートル) [編集]

ダヴィンチ高度1000m VR 火/自然文明 (6)
クリーチャー:ジョーカーズ/チーム切札 7000
マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、カードを2枚引く。
このクリーチャーがバトルに勝った時、自分のマナゾーンにあるカードをすべてアンタップする。

DMRP-15で登場した/自然ジョーカーズ/チーム切札

マッハファイターも持っているため、手札補充マナ回復ともにバトルゾーンに出したターンで誘発させられる。
順当に使えば、攻撃ステップ中に盤面をマッハファイターで処理しつつ手札にキリフダッシュを呼び込み、アンタップしたマナを使って《勝熱英雄 モモキング》などの大型キリフダッシュを後続に召喚させることになるだろう。

ただし、このカード単体ではマナ回復とキリフダッシュ誘発を両立出来ないので注意。

《灰になるほどヒート》コスト踏み倒し効果バトルを兼ね、メインステップ中に全マナ回復できるようになるため相性が良い。

攻撃ステップでの組み合わせは、《ダヴィンチ高度1000m》とは別にシールドブレイクできるクリーチャーを用意するか、《無限掌》などでバトルに勝ちマナを起こしつつ自身も起き上がるコンボがある。
前者は単体でマナ回復とキリフダッシュ宣言条件を満たせる《飛べ! イカロソくん》というライバルがあり、後者はマッハファイターが有効なターンに《ダヴィンチ高度》がアンタップしても、召喚酔いでプレイヤーに攻撃できない欠点がある。

尤も、ジョーカーズやキリフダッシュを多用することを前提にしているデッキでは、このクリーチャーが出るより先に、《ヤッタレマン》《ドンドド・ドラ息子》などが出ていることが多い為、キリフダッシュの発動はそちらに任せる方がよく見るパターンだろう。

  • 新装第1回イマムー軍曹のいやほいゲームにてカードテキストが先行判明した。
    1. 天空の白ひげ ラピュ太……ジブリ映画「天空の城 ラピュタ」から。
    2. ダヴィンチ高度1000m……正解の選択肢。
    3. ミスター・プライズ……ゲーム『ファイナルファンタジー』シリーズの飛空艇、エンタープライズから。
    4. イカロソの父、ダイダ老……イカロスの父「ダイダロス」から。

収録セット [編集]

参考 [編集]