《キングダム・オウ禍武斗(カブト)/チャージ3(かい)、フリーエントリー!》 節を編集

キングダム・オウ禍武斗 P 自然文明 (9)
クリーチャー:グランセクト 14000
マッハファイター
T・ブレイカー
破天九語:このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを9つブレイクする。
チャージ3回、フリーエントリー! P 自然文明 (10)
呪文
各プレイヤーは、自身の山札の上から3枚をマナゾーンに置く。
クリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。その後、相手はクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。

DMEX-08で登場した自然単色グランセクトツインパクト

クリーチャー面は、《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》のクリーチャー面でもあった《キングダム・オウ禍武斗》そのもの。

呪文面は、各プレイヤーに3マナブーストマナゾーンから1体の踏み倒しをさせる。
踏み倒すクリーチャーにはコストパワー文明などといった制約がなく、進化クリーチャーすら踏み倒せる。しかしその代わり、相手にも踏み倒しを許してしまう。

やはりライバルは、《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》だろうか。
呪文面を比較すると、あちらほど豪快な踏み倒しは行えないが、「バトルゾーンに出た時」能力が使える点で差別化したい。ただしこの点は、逆に相手も「出た時」能力が使えてしまうデメリットに繋がっているので注意が必要。

  • コラボ元は、タカラトミーが販売していた玩具「人造昆虫カブトボーグ」を題材にしたアニメ「人造昆虫カブトボーグ V×V」。従来のアニメでは考えられない型破りな展開[1]。が多く、ネット上ではカルト的な人気を誇る怪作として知られている。
    • 呪文面の元ネタは「人造昆虫カブトボーグ V×V」の作中の対戦(ボーグバトル)で最も用いられたルール「チャージ3回、フリーエントリー、ノーオプションバトル」から。
      • 「チャージ」とはカブトボーグの後輪を回転させ慣性力を溜める動作を指し、「エントリー」とはカブトボーグをバトル場へ投じる(チャージイン)際の条件のことを指す。
        つまり、「チャージ3回、フリーエントリー」とは「チャージを3回行った後、バトル場に同時に投げ入れる」ことであり、デュエマにおいてはお互いにマナブーストを3回行った後、バトルゾーンクリーチャーを出すという形で再現している。
    • フレーバーテキストの人物、天野河リュウセイとはクリーチャー面にも描かれている赤いジャケットの少年。「人造昆虫カブトボーグ V×V」の主人公である。
      勿論、リュウセイとは何の関係もない。
      • フレーバーテキストは彼が作中1話で発言した台詞[2]
      • また、クリーチャー面の背景にはリュウセイと敵対する組織「ビッグバン・オーガニゼーション」の総帥でありリュウセイの父親でもある「ビッグバン」、呪文面にはリュウセイが扱うカブトボーグ「トムキャット・レッド・ビートル」が描かれている。
    • イラストを担当しているのは、「人造昆虫カブトボーグ V×V」の監督であり、更にアニメ「デュエル・マスターズ!!」の監督でもある石踊宏氏だと思われる。

関連カード 節を編集

フレーバーテキスト 節を編集

  • DMEX-08
    俺はこんなところで負けるわけにはいかない! ― 天野河リュウセイ

収録セット 節を編集


[1] 主要人物の死亡・世界崩壊などの重大な事態を次回予告のナレーションで解決する、回想シーンが捏造される、玩具販促アニメにも関わらず初放送時点で当の玩具が国内の生産を終了しているなど。
[2] 「なぜなら、絶対に負けられない理由があるからだ!」と続くものの、その「絶対に負けられない理由」が明かされることはなかった。