黒神龍(こくしんりゅう)ザンジバル》 [編集]

黒神龍ザンジバル VR 闇文明 (7)
クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ 5000
バトルゾーンにある、タップされている相手のクリーチャーすべてのパワーは-2000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

DM-14で登場した重量級ドラゴン・ゾンビ。初の常在型パワー低下能力を持つ。

下げるパワーは2000と小さくタップ状態のものにしか能力が及ばないが、登場当時はこれが意外と強烈だった。
ほとんどの相手のウィニーは事実上攻撃できなくなり、中量級クリーチャーも迂闊に殴り返しできないことが多々あった。
タップした瞬間に能力が適用されるため、タップ呪文と組み合わせれば除去のようにも働く。
《バリアント・スパーク》《スーパー・スパーク》で横を向けさせれば、擬似的な《スーパーバースト・ショット》に。
インフレが進んだ今ではコストの重さも相まって使われないが、「一見すると地味な能力だが、使われてみて初めてどれほど厄介な能力なのかが分かるカード」の一例だった。

スレイヤーに対しても、大抵のパワーが低いので強く、軽量が多いデッキならかなり苦戦させられる。

このカード自体はパワーがさほど大きくなく、破壊されやすいのが弱点。
ドラゴンということでサポートは多く、いろいろと補助を駆使して立ち回りたいところ。

  • パワーの減少幅が2000なので、《ノーブル・エンフォーサー》のような使い方もできる。それ以上のパワーを持ったクリーチャーに対しても、牽制が可能な厄介なクリーチャーである。
  • 複数体並ぶとかなり強力。オーバーキル感は否めないが、4体並ぶとパワーが8000以下のクリーチャーは攻撃できなくなってしまう。
  • 「ザンジバル」はアフリカ東海岸のインド洋上にあるザンジバル諸島の地域名から。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

黒神龍ザンジバル R 闇文明 (7)
クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ 6000
W・ブレイカー
攻撃する時、そのターン、相手のクリーチャーすべてのパワーは-2000される。

パワーが1000上昇しW・ブレイカーが追加され攻撃性能が向上。肝心のパワー低下アタックトリガーに変更され、効果対象にタップアンタップの状態を問わなくなった。

本家のようにウィニーをロックすることはできなくなったが、アタックトリガーで全体パワー低下を撒き続けられるのもそれはそれで強力。
攻撃性能を引き上げられたことも含めて、ロックによる遅延戦術ではなくどんどん攻撃してゲーム進行テンポを上げるように調整されたのだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.バトルゾーンに自分のタップ状態の《夢見がちモッフル》が1体います。相手は自身のターンに《黒神龍ザンジバル》をバトルゾーンに出しました。相手のターン終了時に「パワーを+4000する」効果は無くなりますが、《黒神龍ザンジバル》の能力によって《夢見がちモッフル》は破壊されますか?
A.いいえ、相手のターンの終わりと、自分のターンの最初のアンタップは同時に迎えますので、《夢見がちモッフル》は破壊されません。
引用元