運ゲー [編集]

ある環境または試合において、運の占める割合があまりにも大きくなること。

「勝敗があまりにも運(偶然)によって左右されてゲームとして成り立っていないゲーム」の略である。

デッキビルディングプレイングといった、ゲームにおける他の要素を否定し、そこにかける労力を無駄にしてしまうため、あまり望ましい状態ではない。

また、本来そのゲーム自体を否定する言葉であり、一回のデュエルの勝因や敗因を語る言葉ではない。

否定的な意味ではなく、意図して戦術として組み込まれる「運ゲー」は、山札シャッフルからのコスト踏み倒し等、自身だけでは結果の操作が難しい不確定要素をふんだんに使って戦う戦法である。何もかもが運という完全な運ゲーというわけではなく、デッキビルディングによって運の幅は変わってくる。
こういったデッキタイプは爆発力は大きいものの振れ幅が大きく、安定した戦績を残せない事が多い。逆に相手していても運でひっくり返されてしまう為、昨今の競技シチュエーションにおいては嫌悪・敬遠される事が多くなっている。

  • 昨今のデュエル・マスターズ、ひいてはトレーディングカードゲーム・ゲーム業界の競技性の高まりから「運ゲー」だけでなく「(プレイヤーの実力に左右されない)運要素が絡む事象」自体に否定的な見方をする者もいる。しかし、そもそも特にカードゲームにおいて運の要素はつきものである。
    運の要素そのものを否定するならば、極端な話プレイヤー間の実力差(プレイングだけではなくデッキビルディングの腕も含む)と初手で勝敗が決してしまい、それこそ駆け引きや読み合いなど、ゲーム自体は単なる茶番となってしまうだろう。
    この手は「自分ではどうにもならない要素があるから面白い」わけであるが、昨今の競技化は確実な勝利を目指すべく不確定要素を嫌い極力排除する事を志向する為、致し方無い流れでもある。自分から挑む運ゲーを嫌い対話拒否が流行るのも必然と言えるだろう。

参考 [編集]