二角の超人(タイタン・ジャイアント) [編集]

二角の超人 VR 自然文明 (7)
クリーチャー:ジャイアント 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置いてもよい。その後、クリーチャーを2体まで、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

DMR-09で登場したジャイアント

cip山札の上から2枚マナゾーンに置き、マナゾーンクリーチャーを2枚回収できる。

能力はシンプルながら強力。全ての能力が任意の為、マナブーストとしても手札補充としても活躍でき汎用性が高い。マナ回収なので通常のドローよりも狙ったカードを拾いやすいのもポイント。

【ドルゲーザ】をはじめとしたジャイアントデッキで活躍が見込める。
《西南の超人》から綺麗に繋がり、マナブーストでさらなる展開を促進できる。マナゾーンから《西南の超人》《剛撃戦攻ドルゲーザ》回収できれば、猛烈な勢いでジャイアントを展開できるだろう。

《自撮の超人》との相性も良好。ブロッカー化したシノビチャンプブロックし、破壊置換効果マナゾーン埋まったシノビをこちらで回収するのが強力。

また、マナブーストのみを行うことで次のターンには10マナになり、各種ゼニス《勝利宣言 鬼丸「覇」》にもすんなり繋がる。【ターボゼニス】などのコントロールで、マナブーストが可能な殴り手として採用してもいいだろう。

総じて手札マナの扱いに長けた優秀なクリーチャーである。

  • エピソード2が終わった為、イラストで何かを食べる描写はなくなった。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

DMPP-01レアリティスーパーレアで収録、フレーバーテキスト《不落の超人》と対になっている。二つの能力が強制となり、マナ回収探索となる弱体化を受けた(一応《二角の超人》のマナブーストでマナに落ちたクリーチャーを回収しても使ったマナから回収した扱いになるためその後最低でも2マナは使える強化要素がある)が、コントロールで活躍し環境でも見かけるカードとなっていた。

それなりの弱体化を受けたが、TCG版ではエピソード3で登場したクリーチャーが、基本セット闘魂編のカードを中心収録されているDMPP-01で実装されたことから、相対的に強力なカードとなっている。

DMPP-05では、自然のドローソースクリーチャーに《口寄の化身》が登場した。こちらは自分クリーチャーの種族数に関係なく2枚手札補充できる、マナに落としたクリーチャーを手札に加えられる、パワーと打点が高い、種族がジャイアントであり《西南の超人》などの恩恵が受けられる点などの違いがある。デッキに応じて使い分けると良いだろう。

環境では [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-01
    二つの角から発されるテレパシー能力で、遠くの仲間とも連携が取れる。心優しき大地の支配者。
  • DMEX-09
    水文明に残されたネットワークの力。チームウェイブキングはそれを利用して、天国に繋がるスーパーネットワークシステム「Instant Wave」を生み出したのだ!

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]