宣凶師(せんきょうし)ドロシア》 [編集]

宣凶師ドロシア R 光文明 (4)
クリーチャー:グラディエーター 3000
相手のターン中、自分の手札を捨てた時、捨てた枚数と同じ数のカードを引く。

DM-13で登場したグラディエーター
ハンデスに反応してドローを行うことで、ダメージを抑える能力を持つ。

より優秀な《円舞の使徒ラストル》と併用してハンデスにメタを張ることもできるが、除去耐性がほとんど無いので、他のマッドネスが使われることも多い。

  • 余談だが、このカードが初収録されたDM-13の発売の2日前に発売されたゲーム「タッチ!カービィ」にほぼ同名のキャラクター「ドロシア」がいる。
  • アニメ「デュエル・マスターズ チャージ」ではドラゴンマスクこと切札 舞勝舞戦で使用。上記のコンボでシールドを守った。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

宣凶師ドロシア R 光文明 (4)
クリーチャー:グラディエーター 3000
ブロッカー
相手プレイヤーを攻撃できない。
相手のターン中、初めて自分の手札を捨てた時、カードを2枚引く。

TCG版とは異なり、相手プレイヤーを攻撃できないブロッカーとなった。
また、1ターンの間に捨てられた手札の枚数によらず、ドローできる枚数は2枚固定になった。
ドロー効果の変更は《血風戦攻リドロ》などと組み合わせて、手札を爆発的に増やさせないようにするためだろう。

ブロッカー破壊に引っかかるようになり場持ちは悪くなった。
特に《腐敗勇騎ガレック》はこのカードを破壊したうえでハンデスを仕掛けてくる天敵である。

  • フレーバーテキストにおいては、宣凶師の部分が文明へと変更されている。DMPP-04発売時点でグラディエーターが3種しか実装されておらず、しかも他の2種は混色ゆえに宣凶師の二つ名を持たないというカードプールを踏まえての変更だろう。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]