王子(おうじ) [編集]

王子 P 自然文明 (3)
NEO GRクリーチャー:エイリアン/ハンター 1000+
NEO進化:自分のGRクリーチャー1体の上に置いてもよい。
パワード・ブレイカー(このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
このクリーチャーに含まれるカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。
このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚、自分のマナゾーン、手札、または墓地から選び、このクリーチャーの下に置く。

DMEX-08で登場した自然エイリアン/ハンターNEO GRクリーチャー

GRクリーチャー進化元にしてNEO進化でき、アタックトリガーマナゾーン手札、または墓地からこのクリーチャーの下カードを置くことができ、自身に含まれるカードのだけパワーが上昇していくパワード・ブレイカー

一見地味で過小評価されがちなカードの1つだが、実際はGRクリーチャーの中でもなかなかの汎用性の高さを誇る。

素でパワード・ブレイカーを持っていることを活かして、【秘密結社アウトレイジ】に投入するのもいいが、それ以外にも活路はそれなりにある。

「このクリーチャーに含まれるカード1枚につき」というのは、このカード自身も含まれるため、進化せずに全く素の状態で出しても2000は保証される。
そして、オレガ・オーラを付ければ、それもこのクリーチャーに含まれるカードとして計上されるのもポイント。

【赤青覇道】などでよく使われる《*/弐幻サンドロニア/*》を付ければ、非進化状態でも《*/弐幻サンドロニア/*》自身の+2000と併せてパワー+3000され、攻撃時にはさらにパワー+1000されて、パワー6000のW・ブレイカーまで成長するのは、決して見落としてはいけない。

また、進化もできることから、召喚酔いしないクリーチャーとして使えるのもポイント。アタッカーの展開が重視される【BUNBUN・ヴァイカー】に、《ソニーソニック》《“魔神轟怒”ブランド》と併せて、召喚酔いしないGRクリーチャーを6枚体勢にできる。召喚酔いしている《続召の意志 マーチス》《マシンガン・トーク》などから進化すれば無駄がない。

環境において [編集]

DMBD-15期に【赤白ヴァイカー】と共に環境で定着。

その他 [編集]

  • 「塊魂」とのコラボカードであり、イラストに映っているのは「塊魂」の主人公「王子」。
    彼が転がす塊はあらゆるものを取り込みどんどん巨大化していく。
    攻撃するたび自分のカードを巻き込んでパンプアップし、パワード・ブレイカーでブレイク数が増えていくことで表現されている。

収録セット [編集]

参考 [編集]