超神星(ちょうしんせい)プルート・デスブリンガー》 [編集]

超神星プルート・デスブリンガー SR 闇文明 (4)
進化クリーチャー:フェニックス 13000
進化GV−自分のデスパペット、グランド・デビル、ティラノ・ドレイクのいずれか3体を重ねた上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選んで墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のクリーチャーを1体破壊する。
T・ブレイカー

DM-19で登場した進化GVフェニックス

エキスパンションの目玉である進化GVフェニックスサイクルの1つ。
メテオバーン《デーモン・ハンド》を放つ。

邪魔なブロッカーを蹴散らして止めを刺しにいくもよし、相手の強力クリーチャーを滅ぼすもよしで、単純ながら使い勝手のいい強力な能力を持つフィニッシャーらしいクリーチャー

進化元軽いデスパペットグランド・デビルが使えるため、召喚は他のフェニックスよりは幾分かは楽である。とはいえ、やはり片手間で召喚させて活躍できるタイプのカードでは無いため、専用デッキを組んで活躍させたい(>【プルート・デスブリンガー】)。

構成するときは前述の通りグランド・デビルデッキデスパペットデッキを基盤に構成されることが多い。
当然、ティラノ・ドレイクも含めて、ウィニーを並べられる種族なので、あっちの種族デッキの隠し玉にするのもあり。

欠点はやはり進化元を3体も要求することか。頭数が減ってしまうのはビートダウンには噛み合わない上、除去された時のリスクも大きい。

また、攻撃しなければ能力が使えないため、アンタップ状態のクリーチャー破壊するにはシールドブレイクせねばならない。よって、コントロールフィニッシャーにもあまり向かない。

環境の高速化やインフレに合わせて進化GV特有の使いづらさが目立ってきているカードと言える。特にDMD-22で登場した同じく確定除去持ちの《悪魔龍王 キラー・ザ・キル》進化元が1体で済み尚且つ縛りも緩いため、《闇彗星アステロイド・ゲルーム》ほど致命的ではないもののやはり無視できない。

  • 【黒緑速攻】でもフィニッシャー候補となる。進化元となる種族が多く、意外と進化しやすい為である。このクリーチャーが入ればブロッカーに止められ、終盤のパワー負けといった展開がなくなる。
  • プルート(Pluto)は冥王星。文明のイメージには合う。なお、このカードが登場した2006年6月24日時点では惑星だったが、その年の8月に準惑星に変わった。
  • ブリンガー(bringer)運び手を意味する単語であり、総じて死の運び手という名前の意味だと思われる。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

超神星プルート・デスブリンガー VR 闇文明 (5)
進化クリーチャー:フェニックス 13000
進化GV−自分のデスパペット、グランド・デビル、ティラノ・ドレイクのいずれか3体
シンパシー:デスパペット、グランド・デビル、ティラノ・ドレイク
メテオバーン1:攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選んで墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のクリーチャーを1体破壊する。
T・ブレイカー

コストが5になった代わりに他のフェニックス同様シンパシー:進化元を獲得し、より出しやすくなった。またレアリティがベリーレアに下がり、DMPP-08EX現在では唯一のベリーレア進化GVである。

  • 進化元にデスパペットがあるためか、他のフェニックスよりボイスが飄々としている。

サイクル [編集]

DM-19の惑星の名前を冠したフェニックス
生き残った旧種族+同じ文明ハイブリッド種族から進化できる。
いずれも強力なメテオバーン能力を持つ。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]