雪渓妖精(せっけいようせい)マルル》 [編集]

雪渓妖精マルル C 自然文明 (2)
クリーチャー:スノーフェアリー 1000
セイバー:アース・ドラゴン

DM-14で登場したスノーフェアリーアース・ドラゴンを対象としたセイバーを持つ。

アース・ドラゴン《緑神龍ミルドガルムス》《緑神龍ザールベルグ》などのcip能力持ちや《緑神龍バルガザルムス》《無双竜機ドルザーク》のようなドラゴン同士で共鳴するものが多く、わざわざ他種族のウィニーである《マルル》で守る必要は薄かった。
後に登場した《ポッポ・弥太郎・パッピー》文明は違うが性能面では上位互換であり、当時ドラゴン文明絡みが主力だったのもあり、役目すらも奪われていた。

長らく影の薄いカードだったが、《緑神龍ドラピ》デメリットを打ち消せることから、突然有用性が見出だされる。こうして低コストでの早期《ドラピ》降臨を目指すデッキ【セイバードラピ】であり、それの主力カードとして日の目を浴びることとなった。
DM-14の発売からちょうど6年の歳月を経ての出来事である。

【セイバードラピ】に置いても《ポッポ・弥太郎・パッピー》は有用ではあるが、抱き合わせでの5枚以上の採用は無論、デッキを単色に出来る点であちらに勝る。
コスト域での早期《ドラピ》降臨を目指すこのデッキにおいて、色事故を気にしなくても良いのは、安定性の向上および強さに直結するものである。《トレジャー・マップ》サーチ出来る点やマナ武装を有効に扱えるなど、小回りの利いた構築が可能となる。
後に、範囲がドラゴン全体に広がりパワーも1000上がった《結界の面 ブオン》が登場し、【セイバードラピ】での主力を譲ると同時に自然単色での5枚以上採用が可能となった。

また、その《結界の面 ブオン》にも必ずしも劣るわけではなく、【スノーフェアリー】【セイバードラピ】を組み込む際は橋渡しとして優秀。

スノーフェアリーマナブーストウィニーの扱いに長けた種族であり、《ドラピ》共々高い運用性を発揮できる。また、デッキを回す過程でマナやりくりの際、余剰に発生したマナに《ドラピ》をあてがうことで片手間に大型打点を用意することが出来る。
《ダイヤモンド・ブリザード》《ダイヤモンド・カスケード》などスノーフェアリー進化元サルベージにもあやかることが出来、基本使い捨てとなりがちなセイバーを繰り返し使用できるなど極めて相性が良い。
《ドラピ》のサルベージはそう簡単には行かないが、《天真妖精オチャッピィ》などでマナを経由すれば別に難しくもなく、粘り強く出していける。
また、《妖精の裏技ラララ・ライフ》を起動できるため、やろうと思えば2ターン目に《ドラピ》を出すことも可能。パーツも【スノーフェアリー】に普通に採用出来るものばかりであるため、狙ってみてもいいだろう。

《緑神龍ドラピ》の登場は無論、後々強化を受け続けるスノーフェアリーに属していたのが功を奏したといったところか。ドラゴンと人型種族は強化が顕著なため、今後更なる需要が発生する可能性は十分にある。登場時と比べて待遇は極めて良くなっており、覚えておいても損のないカードであろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

雪渓妖精マルル UC 自然文明 (2)
クリーチャー:スノーフェアリー 1000
自分のドラゴンが破壊される時、かわりにこのクリーチャーを破壊する。

関連カード [編集]

サイクル [編集]

DM-14セイバー持ちクリーチャーサイクル

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-14DMPP-02
    「この世の果てで、また会いましょう。だから、今は笑って」――雪渓妖精マルル

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

関連カード [編集]

参考 [編集]