【スノーフェアリー】 [編集]

種族としてのスノーフェアリー→スノーフェアリー

種族をスノーフェアリーで固め、《ダイヤモンド・ブリザード》による手札補充で途切れることなくクリーチャーを展開するビートダウンデッキ
もしくは、大量のマナ加速墓地肥やしの後に《ダイヤモンド・カスケード》召喚し、マナゾーンから回収したスノーフェアリーを一気に展開するデッキ
同じくキーカードとなる《武家類武士目 ステージュラ》を中心とする型は【緑単ステージュラ】も参照。
ソリティア特化型は【ダイヤモンド・カスケード】を参照のこと。

クリーチャーの大量展開と噛みあう【バニラビート】として組むことも可能である。

スノーフェアリーの候補 [編集]

マナ加速要員
《愛恋妖精ミルメル》各プレイヤーにマナブーストの機会を与える
《桜風妖精ステップル》pigで自身に1ランデスのデメリットがあるが、2コストのcip1マナブースト
《霞み妖精ジャスミン》cip自壊すると1マナブースト
《再生妖精スズラン》ターンの終わりにマナへ。マナ召喚する際は進化速攻に
《雪溶妖精シャーマン・メリッサ》破壊されるとマナゾーン
《秋風妖精リップル》S・トリガーを得た《シャーマン・メリッサ》
《雪精 ホルデガンス》デメリットなし。3コストのcip1マナブースト
《天真妖精オチャッピィ》cipで墓地からマナブーストS・バック持ち
《暖氷妖精カオルン》減ったマナをある程度回復可能。マナ召喚のお供にも
《雪風妖精チャユニクス/スノー坊のパトロール》クリーチャー面はpigマナ回収。呪文面は墓地からマナ加速
展開要員
《雪精 キタサ・カンバY》1マナ。攻撃不可だがガードマンで守る
《薫風妖精コートニー》自分のマナゾーンを5色化。後半のマナの色不足を解消
《きぐるみ妖精ユッキー》攻撃時マナ回収
《葉鳴妖精ハキリ》ATでマナからマナ総数以下のクリーチャーを踏み倒し
《剛勇妖精ピーチ・プリンセス》コスト軽減
《剛勇妖精フレッシュ・レモン》
《雪精 ジャーベル》山札の上から4枚見てサーチ
《優雪妖精バケット・バケコ》進化クリーチャーを守って自身はマナへ
《魅了妖精チャミリア》タップ能力でサーチ。《ステージュラ》のようなフェアリー以外を探したい
《妖精のイザナイ オーロラ》光臨で6コスト以下のフェアリーを呼ぶ
《森獣妖精ポニーネイチャー》フェアリーにしては異色の重量級。シールドからクリーチャーをコスト踏み倒し
《雪精 マリニャン》味方の攻撃時マナ加速手札補充
《恋愛妖精アジサイ》スノーフェアリーが出るたびに引ける置きドロー
《忍者妖精ユリカマ》ニンジャ・ストライク4で出せる。山札の上4枚からサーチ
無色
《透明妖精リリン/妖精のプレリュード》スノーフェアリー限定の《コートニー》。そちらの5枚目に
火の多色
《闘竜妖精ティルニア》pigでマナ加速か3000火力
《勇騎妖精ドジコ》パワフルなガードマン
《守護炎龍 レヴィヤ・ターン》cippigマナゾーンから3マナ以下をコスト踏み倒し
《応援妖精エール/「みんな一緒に応援してね!」》クリーチャー面はマナのアンタップにより実質ノーコスト。呪文面は2回放てる6000火力
光の多色
《天体妖精エスメル/「お茶はいかがですか?」》クリーチャー面はシールドをマナにする。呪文面は一時的なシールド追加

進化スノーフェアリーの候補 [編集]

その他候補 [編集]

G・ゼロ
《武家類武士目 ステージュラ》スノーフェアリーが3体以上いればG・ゼロマナ回収墓地回収を行える
《妖精の裏技ラララ・ライフ》フェアリーがいればG・ゼロマナブースト
墓地肥やし
《ダンディ・ナスオ》殿堂入り。マナサーチ墓地肥やし。実質1マナ
《ジオ・ナスオ》マナ加速と墓地肥やし。実質1マナ
《カラフル・ナスオ》大量墓地肥やし。クリーチャーなので打点は稼げるが、おかれるマナはタップインなのに注意
《陰陽の舞》殿堂入り。ノーコストで展開と墓地肥やし
《カラフル・ダンス》殿堂入りした大量墓地肥やし
その他
《緑神龍ドラピ》1マナのT・ブレイカー。《マルル》と組ませる
《雪渓妖精マルル》スノーフェアリー軸の【セイバードラピ】とするなら
《一撃奪取 ケラサス》自然コスト軽減するアウトレイジ
《クラウド・メイフライ》緑単専用フィニッシャー
《地掘類蛇蝎目 ディグルピオン》《守護炎龍 レヴィヤ・ターン》で出す
《オニフスベダケ》↑と同じ。ブーストが無いので5枚目以降が妥当か
《土隠妖精ユウナギ》場を離れるシノビをマナに送る軽量スノーフェアリー。《ユリカマ》や《光牙忍ハヤブサマル》を採用するなら
《トレジャー・マップ》1マナで山札サーチ
《フェアリー・ギフト》大幅なコスト軽減
《フェアリー・ライフ》基本のマナ加速。類似カードの採用も検討を
《古龍遺跡エウル=ブッカ》マナ武装で2体除去
《カンクロウ・ブラスター》一斉強化。呪文耐性も
《ドンドン吸い込むナウ》手札補充バウンス。便利だが、入れすぎると事故る恐れも
《超電磁コスモ・セブ Λ》フェアリーから進化可能
《霊樹海嶺ガウルザガンタ》シンパシーで早出し。進化クリーチャーメタ能力は自分にも来るので注意
三色以上
《闘具の精トリエール》三色のフェアリー。攻撃時、追加コストを支払うとシールドマナ送りにする
《エンドレス・フローズン・カーニバル》事実上のエクストラターンを獲得する必殺呪文。
墓地回収やマナ操作と合わせて毎ターン唱えてやろう

バニラビート型の候補 [編集]

運用にあたって [編集]

スノーフェアリーの性質上軽めのクリーチャーが多くなる為、基本は【速攻】と中速ビートダウンの中間的なデッキになることが多い。
速攻に対する反撃を墓地肥やしとして捉え、後半でも途切れる事無く展開可能なのが強み。

自然を中心に、《守護炎龍 レヴィヤ・ターン》を擁する《イモータル・ブレード》《終焉の開闢》を擁するをサイドカラーに据える構成が一般的。

《ダイヤモンド・ブリザード》の回収効果が強力とはいえ、この効果はマナゾーンのカードも全て手札に加えてしまうので小回りが利きづらい点もある。
従って、大量の手札を得るために《カラフル・ダンス》《ダンディ・ナスオ》などを始めとした墓地肥やしを投入するのがよい。

あるいは、《ダイヤモンド・カスケード》を利用すれば墓地のスノーフェアリーを手札に加えることが出来なくなるが、ある程度マナの減少を軽減することができる。
マナより墓地にスノーフェアリーが多いなら、逆にマナゾーンのカードが増加する事で次の展開がしやすくなる。少々重いが《ダイヤモンド・ブリザード》の代わりにこちらを使ってもいいよい。この場合も墓地肥やしは必須となる。

投入するスノーフェアリーについてだが、軽量かつ優秀な効果を持つクリーチャーが多いため、好みで選択すると良い。
特に《呪紋のカルマ インカ》を投入できるとトドメが安定してくるのでオススメ。《カンクロウ・ブラスター》と組ませれば「単騎ラフルル」とほぼ同等のカウンター封じが可能となる。
回収能力が多い為、銀の弾丸としてのピン積み、2枚積みもし易い。

スノーフェアリーはイラストの人気も高く、公式によるピックアップの機会も多い。
それ故、今後も強力な能力を持つカードが登場する可能性は極めて高く、将来性あるデッキタイプと言えるだろう。

参考 [編集]