地掘類蛇蝎目(ちくつるいだかつもく) ディグルピオン》 [編集]

地掘類蛇蝎目 ディグルピオン VR 自然文明 (3)
クリーチャー:ジュラシック・コマンド・ドラゴン 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分の他のドラゴンがあれば、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。自分のドラゴンが他に1体もなければ、このクリーチャーをマナゾーンに置く。

DMR-14で登場したジュラシック・コマンド・ドラゴン

一風変わったマナブーストcipを持つ自然ドラゴン

このクリーチャーを普通にバトルゾーンに出すと、このクリーチャー自身がマナゾーンに送られる。これだけなら3コストの《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》相当なので大した性能とは言えない。

だが、他に自分のドラゴンバトルゾーンにあれば、わずか3マナでマナブーストしつつ、パワー6000のクリーチャーが残るという《青銅の鎧》もびっくりな破格のスペックとなる。
《界王類七動目 ジュランネル》《界王類咆哮目 ジュラノキル》と合わせれば、序盤からでも条件を満たす事ができる。

このクリーチャーの一番の魅力は、高パワードラゴンでありながら、序盤から積極的に出していけるマナブースト役を兼ねていること。《メンデルスゾーン》《超天星バルガライゾウ》の存在からドラゴン比率を少しでも高めたい【連ドラ】にはすんなり採用できるだろう。序盤はマナブーストで後続に繋ぎ、中盤以降は自分のドラゴンがいる状態で出すことで、打点とマナを同時に増やしていける。

【連ドラ】以外では、自然文明でお馴染みの《超次元フェアリー・ホール》&《勝利のガイアール・カイザー》セットや、cipマナゾーンにいるこのクリーチャーを呼び出せるドラゴンである《連鎖類大翼目 プテラトックス》との噛みあわせがいい。

マナゾーンドラゴンが多いほどアンタップするマナが増える《シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン》、優秀なサルベージ&マナ回収クリーチャーである《ビクトリー・アップル》などと相性が良い。

総じてユーティリティなカードであり、ドラゴンが多いならば様々なデッキへの投入を検討できるだろう。

  • ディグルピオンは掘るを意味する「ディグ(dig)」とサソリを意味する「スコーピオン(Scorpion)」を組み合わせたものだろう。イラストも体がサソリのようで地面を掘っているかのように見える。
  • ちなみに「蛇蝎(だかつ)」とは『 蛇(へび)と蝎(さそり)を恐れ嫌うかの如く、非常に恐れ嫌う事 』である。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMX-26
    サソリスの大好物はドングリだが、実は、ドーナツも大好きだ。あたまに「ど」がつく食べ物なら何でも好きなのかもしれない...。
  • DMBD-05
    龍幻郷を統べる領主、バルガ・ド・ライバー。その力は、龍幻郷に存在するドラゴンが増えれば増えるほど、強力なものとなる。
  • DMEX-13
    アバレチェーンとは、精神統一のエネルギー!勝利という一つの目的に向けて暴拳王国クリーチャーたちの精神が統一された時、連帯するための鎖が生まれ、その鎖を通じて仲間に力を預けることができるのだ!!

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分のバトルゾーンに《卍∞ ジ・エンデザーク ∞卍》を付けた《アネモIII》がいます。《地掘類蛇蝎目 ディグルピオン》を召喚した場合、効果はどう処理されますか?
A.《卍∞ ジ・エンデザーク ∞卍》はバトルゾーンにあるドラゴンなので、自分の山札の上から1枚をマナゾーンに置きます。その後、《地掘類蛇蝎目 ディグルピオン》以外のドラゴンクリーチャーがバトルゾーンにいないため、《地掘類蛇蝎目 ディグルピオン》はマナゾーンへ置かれます。
引用元