V(ブイ)チャロン》 [編集]

Vチャロン VR 無色[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ 8000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、プレイヤーを1人選ぶ。そのプレイヤーは自身の手札をすべて、好きな順序で山札の一番下に置き、その後、その枚数と同じ数、カードを引く。その後、そのプレイヤーは自身のシールドゾーンにあるカードをすべて好きな順序で山札の一番下に置き、その枚数と同じ数のカードを、山札の上から裏向きのまま、それぞれ新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。

DMRP-07で登場した無色ジョーカーズ

cipプレイヤーを選び、選ばれたプレイヤー手札交換シールド交換を行わせる豪快なリセット能力を持つ。

シールド交換については《アクア・パトロール》と同じく全交換であり、いわば《アクア・パトロール》の上位種。あちらはプレミアム殿堂に指定されているが、高速化が進み、S・トリガー以外の防御札が充実した双極篇においては、7コストであれば《デュエマの鬼!キクチ師範代》と組み合わせてもゲーム性を損なわないと判断されたのだろう。専用デッキ【キクチVチャロン】にて《デュエマの鬼!キクチ師範代》とこのカードを並べることによる要求値【ジュヴィラユニバース】と同じ程度なので、登場時に猛プッシュされていたジョーカーズとしては良調整と言える。
7コストと重い点も《戦慄のプレリュード》《法と契約の秤》に対応するため、引きが良ければ早出しにも不自由しない。

最速コンボ始動を意識して突っ走ると不安定だと思う場合は、【青黒ハンデス超次元】に入れて相手を縛ってからフィニッシャーとして運用するのが良いだろう。

《デュエマの鬼!キクチ師範代》とのコンボ以外にも、相手が手札交換やサーチなどで整えた手札を山札に戻したり、裁きの紋章で表向きになったシールドなどをリセットするなどの妨害もできる。いざとなったら単体で使用しても損はないだろう。

いずれかのプレイヤーが行う手札交換を強いる能力コンボデッキに対して有用。相手を対象にすればサーチや手札交換によって整われた相手の手札を崩すことができる。

ルール [編集]

シールド追加で参照するのはシールドゾーンにあるカードの枚数。そのためシールド・プラス裁きの紋章などで複数枚のカードが1つのシールドになっている場合、それぞれ1枚のカードとして数え、結果的に追加されるシールドの枚数が元の数より増える。
《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》《ジョット・ガン・ジョラゴン》でもアタック・チャンス唱える事が出来るのでジョーカーズデッキ《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》を採用している場合、覚えておくといいだろう。
逆にシールドゾーン表向きにあるシールド・ゴー持ちのカードは、シールドゾーンから離れる時に墓地に置かれるため枚数に含まれず、結果的にシールドの数は減る。

その他 [編集]

  • VRゴーグルのような見た目であるため、名前も仮想現実を意味する英語「バーチャルリアリティ(Virtual Reality)」からであろう。レアリティもVRである。
    名前には、セガが1995年12月に発売したアーケードゲーム『電脳戦機バーチャロン』も絡んでいると思われる。
  • アニメでは「デュエル・マスターズ!」32話で登場。担当声優はハニーQと同じ國立幸氏。
+  折りたたみ

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


ルール質問掲示板
※以下の回答は回答当時に有志によって行われたものです。そのため回答に間違いがある場合や、現在の裁定とは異なる場合があります。

Q.《Vチャロン》のシールドの方も「好きな順序で」とありますが、非公開領域から非公開領域への移動ですが見て決めて良いってことですかね?
A. ダメです。あらかじめ何らかのカードで裏向きのを確認しており、それを山札の下に戻す際に、何番目に置くかはプレイヤーが自由に決めてよいといった意味かと思われます。
回答日時:2020-06-09 (火) 01:52:46


[1] なお、《Vチャロン》《パック・リーマン》に対して「今時の女子はあんなのがホントにいいっちゃか?」と疑問を抱いていた。