《エターナル・スパーク》 [編集]

エターナル・スパーク UC 光文明 (4)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにあるコスト4以下の進化ではないクリーチャーを1体選び、裏向きにして、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに加える。

DM-36で登場した呪文

バトルゾーンにあるコスト4以下の進化ではないクリーチャーを1体、シールド送りにする。

《魂と記憶の盾》単色になってS・トリガーが付いたと考えれば非常に強力である。しかし、本当に除去したい対象は《雷鳴の守護者ミスト・リエス》《封魔妖スーパー・クズトレイン》などの5コスト以上のものが多い。

また、自分のクリーチャーに対して使おうにも、コスト4以下のS・トリガー獣に強力なものは少ない。殿堂入りしたカードと比較するのは酷とはいえ、意外と使いづらいカードである。

シールド送りにはコストの制限が無くなった《パニック・ルーム》と、カード指定除去クロスギアフォートレスも対象に取れる《スーパー・エターナル・スパーク》があるので、除去として使うならば大抵はそれらの方が優先される。

自分のコスト4以下のクリーチャーをどうしてもシールドに埋めなければならないデッキならば、出番はあるだろう。場に出た《終末の時計 ザ・クロック》を再利用できるのは強み。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]