奇襲兵(きしゅうへい)ブルレイザー》 [編集]

奇襲兵ブルレイザー C 火文明 (2)
クリーチャー:ドラゴノイド 3000
バトルゾーンにある相手のクリーチャーの数が自分より多い時、このクリーチャーは攻撃することができない。

DM-03で登場したドラゴノイドコストに対してのパワーが高いが、デメリットを持つ。

自分のクリーチャーの数が相手クリーチャーより少ない場合は攻撃できないが、序盤からクリーチャーをたくさん並べて攻撃していくデッキではあまり大したデメリットにはならず、なかなかの活躍を期待できる。

のちに《無頼勇騎ゴンタ》《タイラーのライター》などの強力なライバルが登場したが、その頃はまだこのクリーチャーもそれらを押しのける余地があった。しかし、《斬込隊長マサト》などのスピードアタッカーをはじめとして、コスト2の単色でそれなりに速攻で使える効果を持ったクリーチャーが登場してくると、パワーしか取り柄のないこのクリーチャーはフェードアウトしていった。

ドラゴノイドの中では軽量かつデメリットも大きくないため、種族デッキであれば活躍の場は残っているかもしれない。

  • フレーバーテキストに出てくる「ブルフロッガー」の正体は謎。カードイラストの様子から、《奇襲兵ブルレイザー》自身であるという説が強い。そして、デュエル・マスターズ プレイスではこのクリーチャーの攻撃する時の掛け声が「ちぇいやー」だったため、この説がさらに濃厚になった。
  • デュエル・マスターズ プレイスでは、スペックはそのままでアンコモンに格上げされて収録された。
    • DMPP-01期ではコスト2にしてパワー3000のこのクリーチャーはかなり強力で、若干ネタ的要素を込められながらも「第1弾最強のカード」などと言われることもあった。速攻デッキやビートダウンデッキなどで活躍している。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]