《ケントナーク <ディルガ.Star(スター)>》 [編集]

ケントナーク <ディルガ.Star> SR 自然文明[ジョーカーズ] (6)
スター進化クリーチャー:ジョーカーズ/アース・ドラゴン/レクスターズ 23000
スター進化:レクスターズまたは自然のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
Q・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻す。
自分のクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを1つブレイクしてもよい。

DMRP-17で登場した自然ジョーカーズ/アース・ドラゴン/レクスターズスター進化クリーチャー

6コストにしてパワー23000のQ・ブレイカーという巨大なスター進化クリーチャーだが、アタックトリガー強制マナ回収が行われる。
味方がバトルに勝つたびに相手のシールド任意ブレイクできる能力も持ち、ブロッカーにも強いビートダウン性能の高さを誇る。

バトルに勝った際のブレイク能力は、マッハファイターを与えるシンカパワーを持つ《モモスター ケントナーク》デザイナーズコンボを形成している。《王来英雄 モモキングRX》《無限掌》効果付与のシンカパワーとも相性が良いが、その場合は別途バトルを狙いにいく手段を講じたい所。

強制とはいえ、マナ回収手札補充に使えるため、むしろビートダウン息切れ防止としては大きな恩恵が見込める。

ルール [編集]

環境において [編集]

ゴールデンウィーク期のオリジナル環境にて4枚投入された【赤緑ジョーカーズRX】チャンピオンシップ優勝を果たした。《グレープ・ダール》からJチェンジで出た《王来英雄 モモキングRX》の上に乗せることで、高パワーで相手のクリーチャーを殴り返しながらシールドをブレイクし、さらに《モモキングRX》のシンカパワーで《ディルガ.Star》をアンタップできる動きが強力だった。

その他 [編集]

サイクル [編集]

DMRP-17で登場したベリーレアスーパーレアでセットになっているスター進化サイクル
《「正義星帝」》《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》
《ネ申・マニフェスト》《マニフェスト <マルコ.Star>》
《虚∞龍 ゲンムエンペラー》《ゲンムエンペラー <デスザ.Star>》
《大爆龍 ダイナボルト》《ダイナボルト <エタフェニ.Star>》
自然《モモスター ケントナーク》《ケントナーク <ディルガ.Star>》

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-17
    新たなる力を得るべく、モモダチ3人も修行の旅に出た。一足先に帰還したのは、ケントナーク! 見事、英雄「ディルガベジーダ」にそのスケールを認められたのだった!

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分の《ケントナーク <ディルガ.Star>》《勝熱英雄 モモキング》バトルゾーンにいる状況です。自分の《勝熱英雄 モモキング》が相手のクリーチャー攻撃してバトルに勝った時、《ケントナーク <ディルガ.Star>》効果で相手のシールドを1つブレイクしました。この攻撃の終わりに、自分は「キリフダッシュ」を使えますか?
A.いいえ、使えません。《ケントナーク <ディルガ.Star>》効果シールドブレイクするのは、《ケントナーク <ディルガ.Star>》自身です。攻撃したクリーチャーシールドブレイクしていないので、「キリフダッシュ」は使えません。
引用元(2021.4.16)


[1] カード現物では、どちらも誰がブレイクするのかが省略されているが、《弩闘!桃天守閣》エラッタにより「そのクリーチャー」を補完して効果を処理する。