《ジェスター・ブレイン》 [編集]

ジェスター・ブレイン UC 水文明 (4)
呪文
カードを3枚引く。その後、相手は自身のシールドを3つまで選び、手札に加えてもよい。こうして相手が手札に加えたシールドひとつにつき、自分の手札を1枚、山札の一番下に置く。(相手は、こうして手札に加えたシールドカードの「S・トリガー」を使える)

DM-37で登場した呪文

4コストで3枚ドローできるという、かの《サイバー・ブレイン》を彷彿とさせるカード。

ただし、相手が自分のシールド手札に加えれば、その分のカードを山札の下に戻さなければならない。最悪、ただの手札交換にしかならないが、その場合は相手のシールドを減らすことができる。

シールド手札に加えさせる効果メリットにもデメリットにもなるが、あまり攻めていかないデッキだと相手はシールド手札に加えやすい。最悪の場合、こちらは1枚も手札を増やせず、相手だけが一方的に手札補充することになってしまう。
よって、ビートダウンで使うのが基本となるだろう。覚醒編環境では【超次元GENJIビート】ドローソースとして活躍した。

また、《時空の雷龍チャクラ》を使うデッキであれば覚醒の補助にもなる。逆に超次元ゾーンに《チャクラ》を用意しておけば相手が《チャクラ》を警戒してシールド回収をしない事も考えられるため、2枚の相性は良好。

欠点は、S・トリガーS・バックが問題なく誘発すること。相手が《アクア・スーパーエメラル》等で仕込んだカードをプレイさせるのをアシストしてしまうこともある。特に、【ヘブンズ・ゲート】【星龍マーシャル】トリガーデッキなどS・トリガーを多用する相手に唱えるのは非常に危険である。

ドローソースとしてはかなり癖が強いので、相手を見て上手く使いたいところである。

  • ジェスター(jester)は道化師の起源のひとつである「宮廷道化」を意味している。カードイラストではホラー作品にでてくる様な、恐いイメージで描かれている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-37
    何が入っているかはお楽しみ〜♪ホントはどっちもハズレだけどね。クククッ・・・。――ジェスター・ブレイン
  • DMX-22
    ハイリスクハイリターン、勝率が低ければ低いほど私は燃えるっちゃ。 ---ハカセ

収録セット [編集]

参考 [編集]