()星鉄人(ぼしてつじん) ミシュラ》 [編集]

三つ星鉄人 ミシュラ SR 火/自然文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 11000
革命チェンジ:火または自然のコスト5以上のドラゴン
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札を見る。その中から多色ドラゴンを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

DMR-22で登場した/自然メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団

または自然コスト5以上のドラゴン」という、《蒼き団長 ドギラゴン剣》《荒ぶる大佐 ダイリュウガン》などと同様の条件の革命チェンジを持つ。

その能力は、1回り大きくかつより確実性を増した《超DXブリキン将軍》といえるだろう。上記の《ドギラゴン剣》のような、より強力な革命チェンジクリーチャーサーチして次のチェンジに繋ぐ動きが基本となるか。

それ以外でも、殿堂入りである《ボルバルザーク・エクス》などを確定でサーチしたり、渋いところでは《極仙龍バイオレンス・サンダー》などをサーチしながら進化元にしてみたりと、様々な動き方ができるだろう。
クリーチャーを残してビートダウンができる点で《次元の霊峰》とは差別化していきたい。

同じコスト条件を持つ革命チェンジドラゴンはどれもこのカード以上のフィニッシュ力を持っており、デッキの少ない枠に投入するなら最初からそれらのカードを優先した方が良い。ただし素早い革命チェンジ戦略では失敗すると隙ができるため、それを埋めるこのクリーチャーは中盤で強みを発揮するカードと言える。

環境において [編集]

スーパーレアに見合った強力なカードとはお世辞にも言えないスペックで登場から暫くの間評価は低かったのだが、《“龍装”チュリス》の登場で評価が一変した。《“龍装”チュリス》は自身の効果で早期に召喚し《蒼き団長 ドギラゴン剣》を革命チェンジで出すことが可能だが当然《ドギラゴン剣》が手札にないと意味が無いものになってしまう。そこで《ドギラゴン剣》を直接サーチして持って来る事のできるこのカードの存在が注目されるようになった。
革命チェンジでこのカードや《“龍装”チュリス》は何度も手札に戻し使いまわせるため、状況に応じて殿堂入り《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》《音精 ラフルル》をサーチする動きも可能など縁の下の力持ち的な役割を果たし大会で結果を残したこともあり価格が高騰する事になった。
《ドギラゴン剣》自身が殿堂入りした後は、もし《ドギラゴン剣》に革命チェンジしたいなら益々必須カードとなっていった。

超天篇環境では一時期《轟牙忍 ハヤブサリュウ》採用型【モルト NEXT】ワンショット失敗時の保険としてこのクリーチャーで《轟牙忍 ハヤブサリュウ》サーチする動きが見られた。

十王篇環境では革命チェンジに寄せた【連ドラグナー】においても結果を残しており、《爆熱王DX バトガイ銀河》でのコスト踏み倒し先をサーチすることなどに使われる。

その他 [編集]

  • アニメ「VSRF」では切札 勝太が使用。サーチ時に俎板の上でデッキに横から包丁を入れるシールドブレイク時に肩のガスコンロから火炎放射して攻撃する等、非常に気合の入った演出を見せた。開発陣の真木孝一郎氏もその様子についてツイートしている。(参考1参考2

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]