Dis(ディス)クチック》 [編集]

Disクチック R 光/水/火文明 (3)
クリーチャー:サイバー・ウイルス/ドラゴノイド/ディスタス 3500
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
このクリーチャーが出た時、相手のクリーチャーを1体選び、タップする。次の相手のターンのはじめに、そのクリーチャーはアンタップしない。
このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引く。

DMRP-20で登場した//サイバー・ウイルス/ドラゴノイド/ディスタス
cipフリーズアタックトリガーで1ドローを行うスピードアタッカー

状況に応じてシールドを狙った奇襲とタップキルを使い分けつつ、自身は手札補充で息切れを防ぐ優良ウィニー
まるで《T・T・T》をそれぞれ3分の1ずつ使っているかのようなスペックである。マナは増えないものの、単純な仕事量は《天災 デドダム》に匹敵する。
序盤の手札の安定化や盤面の掌握、最後の打点の調整など、様々な場面で活躍してくれる。
ただし3色カードであるため色事故に注意。

本分はプレイヤーへの攻撃で、パワーラインはマッハファイター組と比較すると盤面除去として利用するにはやや心許ない。2000ラインを回避している《天翼 クリティブ-1》《凶鬼77号 ビムナム》程度には届くが、1〜2コスト帯のメジャーなメタクリーチャーである《とこしえの超人》《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》に相討ちすら取れないのは痛い。

手打ちの難易度だけは《麗泳者 マツバメモノ》より1色多く要求される分高いが、そこ以外はパワー・マナ基盤性能・フリーズの利便性でこちらが優れている。
コストも同じく3のため《蒼き守護神 ドギラゴン閃》のコストの合計が6以下になる選択でも不利にならない。
《マツバメモノ》はテンポよくコストを支払って召喚させたいアグロデッキや、マナゾーンに置いて光文明を生み出すことができない・生み出す必要のないデッキ、《Disクチック》の5枚目以降として差別化できるだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]