《チョモランマッチョ》 [編集]

チョモランマッチョ VR 無色[ジョーカーズ] (8)
NEOクリーチャー:ジョーカーズ 18000
NEO進化:自分のジョーカーズ・クリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)
Q・ブレイカー
自分は呪文を唱えられない。
自分の他のクリーチャーは、パワーを+10000され、シールドをさらに2つブレイクし、可能であれば毎ターン、クリーチャーを攻撃する。

DMRP-02で登場した無色NEOジョーカーズ

他の味方クリーチャー全員のパワーと打点を与えるが、それらにクリーチャーを優先的に殴らせるデメリットと、自分が呪文を使えなくなるデメリットを持ち、かなり癖が強い。

呪文は使わず、クリーチャーを優先的に殴らせるのは、まさに見た目通りの脳筋(脳みそまで筋肉)クリーチャーと言ったところ。

対象がジョーカーズに限定されていないため、《予言者クルト》ですらパワー10500のT・ブレイカーに相当する脳筋バニラへとしあがる。いくらバニラといえども、ここまで強化されて数でごり押しされては流石にひとたまりもない。生半可な防御ラインでは筋肉だけで押し切られてしまうだろう。

《インビンシブル・パワー》と違って「T・ブレイカーを得る」ではなく「2枚の追加ブレイク」なので、ブレイカーと重複するのもミソ。

このクリーチャー自体はパンプアップの対象外だが、元々パワー18000のQ・ブレイカーなのでそうそう当たり負けはせず、大きな問題ではない。
味方強化だけを目的とするなら進化せずに出してもいいが、NEO進化すれば即座にこのサイズで殴りにいけるのは強み。相手クリーチャーを攻撃しなければならないデメリットの方も、このクリーチャー自身は対象外である。

しかし、8コストでありながら、単純なパンプアップ打点補強しかできないのは厳しい。相手の防御札を封じる能力は持っていないのは痛く、純粋にビートダウンで勝ちたいなら、序盤からクリーチャーを並べて殴っていった方が安定するのが実情。

後に登場したNEOクリーチャーを踏み倒せる《ギガントウサギロボ・フューチャーX》と組み合わせられないこともない。《我怒の鎖 パンサーベア》が登場した現在、差別化点はそこくらいになるだろう。

  • 《龍装者 ジスタジオ》と組み合わせればパワー2000以上のクリーチャーにバトル以外での除去耐性を与えられる。上記の《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》等同じコスト8に相性が良いカードが揃っていることからコスト8軸【ガチャンコ ガチロボ】にハマる可能性もある。呪文を唱えられないデメリットもクリーチャーで固めるデッキ特性のため気にならない。
  • 名前の由来はエベレストの別名チョモランマ。ボディビルの大会ではかけ声として使用されている為、それ由来のネーミングだろうか。「ラーメン二郎」にはチョモランマというトッピング大盛りのメニューがあるので、ジョーのラーメン好きに関連付けたクリーチャーであるという穿った見方もできる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《チョモランマッチョ》がバトルゾーンにいる時に《チョートッQ》を出しました。《チョートッQ》でクリーチャーに攻撃しなければいけませんか?
A.いいえ、《チョートッQ》がバトルゾーンに出た時に攻撃できるのはプレイヤーだけです。《チョモランマッチョ》は可能であればクリーチャーを攻撃するように指示しているだけなので、可能ではない場合攻撃する必要はありません。
引用元