《フォーチュン・ボール》 [編集]

フォーチュン・ボール UC 水文明 (4)
クリーチャー:サイバー・ウイルス 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のシールドが3つ以下であれば、カードを2枚まで引いてもよい。

DM-11で登場したサイバー・ウイルス

cipで条件付き《エナジー・ライト》が使える。

青単赤青などのを軸にしたビートダウンデッキでは幅広く採用される。
地味にパワーがそこそこあり、能力を使いながら出てくるとかなりのコストパフォーマンスを発揮する。

そこそこサイズのあるクリーチャーを出しつつの2ドローは強力。
中盤の息切れを防ぐことができるのが強みである。
ただし水文明は進化クリーチャーを使わなければ基本的に2ターン目からは殴れないため速効性が低く、2コストクリーチャーから殴り始める=3ターン目からブレイクしていくと、どうしても4マナ目のこのカードと噛み合わせが悪くなることが問題だった。
4コストに《金属器の精獣 カーリ・ガネージャー》《超閃機 ジャバジャック》といったドローしつつ攻撃できるクリーチャーが出たのも向かい風であった。

しかし侵略の登場で使い勝手が向上。《侵略者 バロンスペード》《音速 ガトリング》など早期に出せるW・ブレイカーが増えたことによって4ターン目のドローを比較的高確率で狙える。3ターン目に《奇天烈 コイコイ》を召喚しつつ大型マジック・コマンドへ侵略した際の手札の浪費も次ターンに流れるようにカバーしてくれる。
自身から侵略できるカードは《奇天烈 コイコイ》ぐらいだが、革命編の進化は文明指定であるおかげでコストを支払えば進化元になれる点も大きい。

  • 初出版のフレーバーテキストとは裏腹に、我慢せずにビートダウンするほどフルスペックを発揮しやすくなる。

サイクル [編集]

聖拳編シールド枚数に応じて効果をもたらすクリーチャーサイクル
の《フォーチュン・ボール》のみ収録がずれている。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]