(かく)(ひそ)(もの) シードラン》 [編集]

隠れ潜む者 シードラン UC 水文明 (2)
クリーチャー:ムートピア/レクスターズ 1000
ジャストダイバー(このクリーチャーが出た時、次の自分のターンのはじめまで、このクリーチャーは相手に選ばれず攻撃されない)
このクリーチャーが攻撃する時、カードを2枚引き、その後、自分の手札を1枚、山札の上に置く。

DMRP-17で登場したムートピア/レクスターズ

ジャストダイバーを持ち、アタックトリガーで2ドローした後手札を1枚山札の上に置く。
アタックトリガー除去に弱い点をジャストダイバーで見事に補っている。

次の自分のターンの始めまでに限り、《異端流し オニカマス》を上回る耐性を誇る。
マッハファイターにすら狩られないため、先攻でも後攻でも2ターン目に出せば、除去されることはほぼない。

そして恐ろしいのが、アタックトリガーゆえの1ターンのタイムラグがあるとはいえ、ほぼ確実に2コストで手札の減らない手札交換し、山札の上に手札から好きなカードを置けること
3ターン目に《龍世界 〜龍の降臨する地〜》《蒼き守護神 ドギラゴン閃》踏み倒したいカードを仕込むことができると言えば、いかに強力かが分かるだろう。

環境において [編集]

DMRP-17登場直後から、【赤青ドギラゴン閃】で活躍。上述の通り、《蒼き守護神 ドギラゴン閃》ファイナル革命で踏み倒しするカードを仕込むことができるが注目され、最初期の頃は文句なしに4枚積みされることが多かった。

しかし、しばらくすると採用しないケースがどんどん増えていくことになる。
というのも、《ボルシャック・サイバーエクス》をメインとした型の【赤青ドギラゴン閃】では《蒼き守護神 ドギラゴン閃》が2枚積みで抑えられることが珍しくない上に、狙ったカードを必ず仕込める保証もないからである。
それだけでなく、コスト踏み倒しメタによって多くのデッキの動きを牽制でき、常時アンタッチャブルによってアタッカー性能も高い《異端流し オニカマス》cipですぐにリソース確保を狙いに行ける《月光電人オボロカゲロウ》、1ドローマナ基盤ファイナル革命による踏み倒し先の役割を兼任する《熱湯グレンニャー》と、初動2コストのライバルも多い。
アタックトリガーであるがゆえに融通が利かず、汎用性の低さがネックとなっている。

それでも1ターンのみの耐性山札操作能力は強力ではあるため、《蒼き守護神 ドギラゴン閃》4枚積み【赤青ドギラゴン閃】で、《月光電人オボロカゲロウ》スロットを奪って採用する者は多い。

DMSP-04期になると【赤青ドギラゴン閃】の初動として需要が回復。寧ろ《月光電人オボロカゲロウ》の方が少なくなった。

その他 [編集]

  • 初出はDMRP-17だが、本来なら収録カードのイラスト違いであるコロコロレア版しか存在しない。コロコロコミックの記事では「未収録のカードで登場」と書かれており、先行収録であることが発売前から公表されていた。
  • DMRP-18で通常版が収録される形の再録カード名イラストからモチーフはリーフィー・シードラゴンがであることが伺える。
    • 基本拡張パックで、2弾連続で同名カードが収録されるのは珍しい事例。
  • 初登場時点ではジャストダイバーはこのクリーチャーしか持っていなかった。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]