KAMASE(カマセ)-BURN(バーン)!》 [編集]

KAMASE-BURN! C 火文明 (3)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
GR召喚する。その後、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。そのGRクリーチャーと、選んだ相手のクリーチャーをバトルさせる。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)

デュエマGR爆速スタート52枚デッキセットで登場したS・トリガー呪文。のちにDMRP-09で本格的に登場。

GR召喚を行い、その後任意でこの呪文でGR召喚されたクリーチャーと相手クリーチャー1体と効果バトルできる。

S・トリガーGR召喚が可能なのは強力。

「『超GRに入り得るクリーチャー』のパワーで焼けるクリーチャー」が多い環境では役に立ちやすい。

DMRP-09期のカードプールで使えるGRクリーチャーのパワーラインを考えると、使用感は《ナグナグ・チュリス》に近い。

GRクリーチャーをかませ犬にするか、相手をぶちかます切り札にするか、プレイヤーの腕が試される呪文だろう。

  • 「かませ」とあるため、「負けることがわかっていてもバトルしなくてはならない」と誤解するかもしれないが、実際には負けるバトルは挑まなくても良い。
    • 文の最後が強制効果風になっているが、実際はその前に「選んでもよい」というストッパーがあるので効果バトル任意である。

環境において [編集]

登場前は、GRクリーチャーは軒並みパワーが低いため、強制バトルとの相性はイマイチと見られていた。
一部のGRクリーチャーが持つパンプアップが発動すれば頼りになるかもしれないが、序盤の段階でパンプアップを発動させるのは困難であると考えられていたからである。

登場前の評価はあまり高くなかったが、やはりS・トリガー付で手打ちも容易というのが環境の主流カードになった要因である。【赤白“轟轟轟”ブランド】【クラッシュ“覇道”】ミラーマッチで役割対象となるクリーチャーに多く出くわすため腐りにくく、こうしたことからも当初の予想以上に採用率が伸びたと言える。同弾の《♪銀河の裁きに勝てるもの無し》から連鎖的に繋がるのも高評価の一因。

このカードを使いたいがために、メインデッキの入るビートダウンではパワー3500以上のGRクリーチャーで超GRを固めるのが鉄則になり、逆にパワー3000を下回るGRクリーチャーの多くが敬遠される風潮が漂っていた。GRクリーチャーはこのカードと切っても切り離せない存在といっても過言ではなかった。

超天篇環境序盤の環境では【赤白“轟轟轟”ブランド】【クラッシュ“覇道”】で使用されていた。

ただ、2019年7月1日の殿堂レギュレーション改訂の影響で【赤白“轟轟轟”ブランド】は消滅し、【クラッシュ“覇道”】《MANGANO-CASTLE!》の登場を機にGR召喚呪文をそちら1本に絞るケースが増えた。

DMRP-11で重量級マナドライブGRクリーチャーが登場すると、このカードは相対的に大幅弱体化。3ターン目に早打ちしたいこのカードと相性が悪いこと、パワーラインが低いことが原因である。

ところが2020年1月1日の殿堂レギュレーション改訂以降環境に【赤白GR】が広まると、そちらに入るパーツとして復権。

その他 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • プロモ(P56/Y18)
    誰も彼もデュエマスター! (フィーバー!)四の五の言わずバーン! バーン! バーン!

収録セット [編集]

参考 [編集]