《サイバー・A(エー)・アイアンズ》 [編集]

サイバー・A・アイアンズ SR 水文明 (9)
クリーチャー:サイバー・コマンド 12000
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを5枚まで引いてもよい。
自分の他の水のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、このクリーチャーはブロックされない。

DM-36で登場したサイバー・コマンド
12000のパワーT・ブレイカーに加え、条件付きでブロックされない能力を持つ。目玉はcip5ドロー

1:5という圧倒的なアドバンテージを得つつ巨大なクリーチャーが残るのは驚異的。条件付とは言え実質ブロックされないT・ブレイカーが残るとなれば、相手にとってはどうにか対処しなければならないクリーチャーとなる。
9コストもあるならこのくらいしないと見向きもされない、という厳しい現実ゆえのカードと言えるだろう。

なんといっても種族サイバーを持つので、《超電磁トワイライトΣ》コスト踏み倒しができるのが最大の魅力。マナブーストを絡めれば最速5ターンで5ドローしつつ場に9コストパワー12000のT・ブレイカーを残すことができる。サイバーで固めれば、常時ブロックされないようなものとして扱える。
もっとも普通に9コスト払って出しても十分にリターンがとれるので、ランデス系統のデッキフィニッシャーとしても優秀。《焦土と開拓の天変》マナが増えやすく、ドロー能力で後続のランデスにも繋げやすい。

  • 「5枚まで引いてもよい」なのでライブラリアウトを気にしなくていいのはかなりの強み。
  • カード名のAとその間の点が目と口のようで顔文字に見えるため(・A・)と表記されることがある。(俗称一覧)

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]