光器(こうき)セイント・マリア》 [編集]

光器セイント・マリア SR 光文明 (9)
クリーチャー:メカ・デル・ソル/ハンター 11500
ブロッカー
自分のターンの終わりに、バトルゾーンにある自分のハンター・クリーチャーをすべてアンタップする。こうしてアンタップした光のハンター1体につき、自分の山札の上から1枚を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加えてもよい。
W・ブレイカー

DMR-01で登場したメカ・デル・ソル/ハンター
自分のターンの終わりに自分のハンターをすべてアンタップする能力シールドを追加する能力を持つ大型ブロッカー

コストの重さから、バトルゾーンに出す手段は専ら《ヘブンズ・ゲート》を頼ることになるだろう。同弾で登場した《超次元マザー・ホール》を使用しても良い。

自分のターンの終わりに自分のハンターアンタップする能力は、攻撃的なハンターを相手の反撃から守ることができるため、かみ合っていると言える。地味ながら文明らしい堅実な能力である。

この能力ハンターアンタップするとシールド追加が可能で、さらに守りを固めることができる。自身が文明かつハンターなので能力が無駄になることが少なく、またアンタップ能力とは異なりシールド追加任意のためライブラリアウトの心配もない。

ハンター軸の【ヘブンズ・ゲート】では、同じくハンター《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》とともになかなかの活躍が見込めそうである。

  • 《シンクロ・シールド》との相性は最高。適当な光のクリーチャーを事前に最低1体並べておけば、リスクの伴う攻撃をする必要もターンのタイムラグも無く、即座にシールドを2枚も補充できる。《シンクロ・シールド》のコストであるクリーチャーのタップによってできる隙を、このクリーチャー自身の能力で補う万能なコンボの完成である。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]