《ヘリオス・ティガ・ドラゴン》 [編集]

ヘリオス・ティガ・ドラゴン P(R) 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 7000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手のパワー2000以下のクリーチャーをすべて破壊する。バトルゾーンに自分の《白虎の剣皇ダーク・サラマンダス》が1体でもあれば、パワー2000以下のかわりに4000以下の相手のクリーチャーをすべて破壊する。
W・ブレイカー

ローソンのキャンペーンで登場したアーマード・ドラゴン
《スーパーバースト・ショット》を内蔵している。自分の《白虎の剣皇ダーク・サラマンダス》がいれば、相手だけの《ミリオン・スピア》となる。

何も考えずに投入しても、ウィニーをずらずらと並べるデッキには刺さる。
その他、大型クリーチャーの天敵である《腐敗電脳メルニア》などの小型スレイヤーや、場に出るとやっかいな《予言者マリエル》《雷鳴の守護者ミスト・リエス》なども一斉に除去できる。

全体火力を放ちながらW・ブレイカーが残るため、相方の《白虎の剣皇ダーク・サラマンダス》と違い、単体でも使いやすい。

主な比較対象は《アブドーラ・フレイム・ドラゴン》マナブーストからの《紅神龍バルガゲイザー》等を起点にする場合(≒小型獣があまり入らない場合)には火力範囲の広いそちらがいい。《ヘリオス》の利点は自分に被害がないことであり、自分のファイアー・バード破壊されず、相手のウィニーだけが破壊されるため、そういった種族サポートを重視する構成では役に立つ。

転生編環境では【牙サファイア】に、極神編環境では主に【牙バジュラズ】にそれぞれ使われていた。

しかし《メンデルスゾーン》などの登場を経てファイアー・バードに頼らないドラゴンデッキが主流となった結果、自軍も巻き込んでしまうものの1マナ軽くサイキック・クリーチャー除去できる《ボルシャック・スーパーヒーロー》が優先され、ほとんど使われなくなってしまった。

後に登場した《メガ・マグマ・ドラゴン》は単体でパワー5000以下の全体除去火力を内蔵しており、今後はそちらに席を譲ることになるだろう。

  • アニメ「デュエル・マスターズ ゼロ」では勝利が使用している。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ヘリオス・ティガ・ドラゴン VR 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 7000
W・ブレイカー
バトルゾーンに出た時、相手のパワー2000以下のクリーチャーをすべて破壊する。自分の《白虎の剣皇ダーク・サラマンダス》があれば、パワー2000以下ではなく相手のパワー6000以下のクリーチャーをすべて破壊する。

《白虎の剣皇ダーク・サラマンダス》が存在する時の火力が6000以下に拡大した。
2000以下の全体除去でもそれなりに強力だが、《ダーク・サラマンダス》がいるときの6000以下の相手のみの全体除去はかなり強烈。フィニッシャー以外はほとんどが範囲内に入っており、全滅させることも多い。小型クリーチャーの少々のパンプアップも構わず討ち取ることが出来る。DMPP-07までのマッドネスは全て6000以下なので、《ダーク・サラマンダス》から出てきたマッドネスも全て除去できる。

当初は2体をそろえるのは大変だと思われていたが、マナブースト、《幻想妖精カチュア》から繋げれば5ターン目に揃うこともざらである。

  • 本家では置換効果扱い故にモヤシなどのクリーチャーも問題なく破壊できたが、DCG化の際に削除されたため、それらを墓地送りにできなくなっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • プロモ(P33/Y8)、DMPP-05
    相まみえる時、竜の吐息が灼熱の槍となって戦場に吹き荒れる!

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]