獅子頂龍(ししちょうりゅう) ライオネル》 節を編集

獅子頂龍 ライオネル VIC 光文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 12000
自分の手札に加える光のシールドカードはすべて「S・トリガー」を得る。
自分のシールドが1枚もない時、このクリーチャーは「ブロッカー」を得る。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに自分のシールドをひとつ相手に選ばせてもよい。そうした場合、そのシールドを手札に加える。(その「S・トリガー」を使ってもよい)

DMX-17で登場したビクトリーを持つエンジェル・コマンド・ドラゴン

置換効果による除去耐性を持ち、このクリーチャーバトルゾーンから離れる時に自分のシールドを1枚回収すればバトルゾーンにとどまることができる。さらに、自分のシールドにあるのカードを全てS・トリガー化し、自分のシールドがなくなるとブロッカーを得るという非常に場持ちの良いクリーチャーである。

シールドさえ残っていればほとんどの除去を免れることができ、非常に粘り強い。おまけに手札に加えたS・トリガーエスケープと異なり使用可能であり、のカードならS・トリガーになるので、相手の除去を逆利用することができる。

下手を打つとこのカードがもう1体出てくるということもありうるため、相手に与えるプレッシャーは大きい。最悪何も出せなくても手札補充にはなるので、アドバンテージを失いづらい。

ただしその分マナコストも重く、コスト9という数字はマナ加速手段の少ない光単色デッキでは至難の業である。用いるのであれば自然を入れてマナブーストして出すか、を入れて《ヒラメキ・プログラム》などで踏み倒すなりして出したいところ。

他の文明を入れるとシールドからコスト踏み倒しできる確率が下がるが、少なくとも除去から守ることはできるため、そこまで気にならないだろう。

使用の際には可能な限り円滑にバトルゾーンに出すことを心掛けたい。
専用デッキについては「【獅子頂龍 ライオネル】」を参照。

ルール 節を編集

「かわりに自分のシールドをひとつ相手に選ばせてもよい。」までが置換効果の適用範囲であり、したがってこのクリーチャーが2体同時にバトルゾーン離れる場合、2体の置換効果処理として同じシールドを選ぶということも可能であると2015年に事務局から回答があった。しかし、2018年に裁定変更によって、「かわりにバトルゾーンに出してもよい」効果と「そうしたら、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい」効果は一連の能力として処理を行うようになったため、現在はこのクリーチャーが2体同時に離れる時、同じシールド選ぶことができなくなっている。1体置換効果が発生すれば、2体目の置換効果を処理する前に、シールドは手札に送られる。よって、シールドが1枚しかない時に、2体の《獅子頂龍 ライオネル》がバトルゾーンを離れる場合は、1回しか置換効果が発生しない。

その他 節を編集

  • また、パワーを0にすることでも確実に除去できる。パワーが0になった場合、何度でも破壊の処理が実行されるので、結果として必ず破壊を受け容れなくてはならない。この場合、シールド回収を行う前にバトルゾーンを離れてしまうので元々S・トリガーでないシールドのカードS・トリガー化することはできない。
  • 単色のデッキであった場合、除去しようとすると確実に何かしらのカードコスト踏み倒しされるので相手に与えるプレッシャーは非常に大きい。ただし、単色は他の文明に比べると安定しないので、構築はやや難しい。

関連カード 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集