超鎧亜(ちょうがいあ)キングダム・ゲオルグ》 [編集]

超鎧亜キングダム・ゲオルグ VR 光/水/闇文明 (6)
進化クリーチャー:ロスト・クルセイダー 9000
進化:自分の多色クリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンにある進化ではないクリーチャー1体をタップまたはアンタップしてもよい。(まず何を攻撃するか選んでから、タップまたはアンタップするクリーチャーを選ぶ)
W・ブレイカー

DM-25で登場した//の初の進化ロスト・クルセイダー

攻撃する時に非進化クリーチャーを1体タップまたはアンタップすることができる。

進化元多色クリーチャーなら何でも構わない。
的には《電脳封魔マクスヴァル》《腐敗聖者ベガ》などが適当か。アタックトリガーで相手の強力なフィニッシャーシステムクリーチャータップし、《腐敗電脳メルニア》で確実に仕留めることもできる。

アタックトリガーでは進化クリーチャー以外の全てのクリーチャーを対象にできる。
中々汎用性が高い能力であり、相手のブロッカータップして無力化したり、自分の攻撃済みクリーチャーアンタップして再度攻撃したりなど、状況に合わせた応用が利きやすい。
ただし自身が進化クリーチャーであるため、2体並べても無限アタッカーにならないのはちょっと残念。

味方をアンタップする時、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《陽炎の守護者ブルー・メルキス》などの強力なアタッカーを選べばより効果的。普通にW・ブレイカー持ちと組むだけでも自身と合わせて6枚のシールドブレイクでき、相手にニンジャ・ストライクがなければ必殺の一撃となりうる。フィニッシャーとしても申し分ないスペックだろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

超鎧亜キングダム・ゲオルグ SR 光/水/闇文明 (6)
進化クリーチャー:ロスト・クルセイダー 9000
進化-多色クリーチャー
バトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーをすべてタップする。
攻撃する時、自分の他のクリーチャーをすべてアンタップする。
W・ブレイカー

cipオールタップを放ち、アタックトリガーで全軍アンタップ
オールタップで防御網を破り、全軍アンタップの追撃で一気に勝負を決める、もしくは自分のブロッカーをアンタップして反撃に備えるという戦術が取れる。
2体このクリーチャーが並べば、無限アタッカーになれる。耐性がない限り、基本的にこのクリーチャーよりパワーが小さい相手クリーチャーは全滅させられる。
ただし攻撃と同時にアンタップするので《ホーリー・スパーク》1枚でダイレクトアタックまでは到達できなくなる。

パワーも9000と絶妙で、自身だけでも《陽炎の守護者ブルー・メルキス》《無双竜機ボルグレス・バーズ》といった「ややパワーの高めな中型」にはほとんど勝てるラインである。
それでいて《ホーリー・スパーク》《日向草》効果を持っていると考えたら異常なほどハイスペックである。

欠点としては、アタックトリガーで自身はアンタップされないため、自分の場がこのクリーチャー1体だと試合の影響力はかなり小さい。

《ゲオルグ》の横に1打点あれば理論上4打点、2打点あれば6打点……と跳ね上がっていくため、いかにクリーチャーを並べるか、対策時はいかにクリーチャーを並べさせないかが鍵となるだろう。

  • 多色とはいえ、DMPP-02のSRで、登場時の環境で活躍した《聖天使クラウゼ・バルキューラ》と比べると1年間でのデュエプレのインフレが見て取れる。《クラウゼ・バルキューラ》も制圧力を売りにしていたクリーチャーだが、タッパー性能でもパワーでも進化条件のゆるさでも負けている。

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-25DMPP-08
    神々の力による絶対の統治、それこそが真に正しき平和の姿である。それが、なぜわからん!――超鎧亜キングダム・ゲオルグ

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]