Dis(ディス)アイ・チョイス》 [編集]

Disアイ・チョイス VR 水/闇/自然文明 (6)
クリーチャー:サイバー・コマンド/ディスタス 3000
ブロッカー
スレイヤー
このクリーチャーが出た時、「S・トリガー」を持つカードを1枚、自分のマナゾーンからコストを支払わずに使ってもよい。

DMRP-18で登場した//自然サイバー・コマンド/ディスタス

《サイバー・I・チョイス》コスト踏み倒し能力の踏み倒し先が手札からマナゾーンに変わった。あちら同様、片面がS・トリガーを持っているツインパクトをS・トリガーを持っていない面の方で使うこともできる。

《サイバー・I・チョイス》と比較すると、S・トリガーを持っていない点とマナが減ってしまう点で劣るが、素のコストが軽くコスト踏み倒し先の確保が容易な点で勝る。
コストS・トリガーは序盤マナに置くのがセオリーなので、プレイングを歪めることなく自然にコスト踏み倒し先のカードを用意できるのは《サイバー・I・チョイス》にはないメリットだろう。

このカードで《サイバー・I・チョイス》を出すことができるので、むしろそちらの補強カードと見ることもできる。

ディスタスサイバーコマンド多色と種族も優秀で、非常に多くのサポートを受けられるのも強み。

ディスタスなので《砕慄接続 グレイトフル・ベン》能力マナからコスト無しの召喚ができる。《グレイトフル・ベン》からこのカード経由でディスタス以外のコスト踏み倒しも可能になるため、コンボの幅は非常に広い。

《天地命動 バラギアラ/輪廻暴聖》《天地命動 バラギアラ/輪廻暴冥》クリーチャー面にアクセスすれば疑似的な《ボルバルザーク・エクス》となる。
特に《砕慄接続 グレイトフル・ベン》で墓地のカードをすべてマナにタップインさせてからのこのコンボは凄まじい爆発力を誇り、そこから即死コンボ級の動きを決められるほどのリソースを稼ぐことができる。

《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の封印外しに対応するため、【5色グレンモルト】でも採用を検討できる。コスト踏み倒し呪文を唱えて展開を補助するのがオーソドックスな使い方だが、《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の封印を外しながら《ドンドン火噴くナウ》などを唱えるだけでも十分に強力。
スレイヤーブロッカーなのでクリーチャーを並べてからターンを返しても反撃をある程度牽制でき、S・トリガーで捲れた《ナウ・オア・ネバー》で出せば防御札にもなる。

また本家と違いスレイヤーブロッカーを持っているため、マナゾーンに使えるカードが無かった場合でも最低限受け札となってくれる。【5色蒼龍】では《蒼龍の大地》で呼び出すことで事実上の確定除去として利用可能。

環境において [編集]

登場弾のDMRP-18発売直後、アドバンス、2ブロック構築で、続々これを入れた《砕慄接続 グレイトフル・ベン》軸の【5色コントロール】のチャンピオンシップ4位以内入賞が報告された。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]