《マーシャル・クイーン》 [編集]

マーシャル・クイーン R 水文明 (3)
進化クリーチャー:スプラッシュ・クイーン 5000
進化−自分のスプラッシュ・クイーン1体の上に置く。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を3枚まで裏向きにして、それぞれ新しいシールドとしてシールドゾーンに加え、その後、同じ数の自分のシールドを手札に戻す。(その「S・トリガー」を使ってもよい)

DM-16で登場した進化スプラッシュ・クイーン

cipシールド交換を3枚まで行える豪快な能力を持つ。そして、なんと言っても回収したS・トリガーを使えてしまうのが強力で、手札にあるS・トリガーカードをそのまま使えてしまう。

弱点は、手札が少ないと効果が薄いこと。手札がなければ、シールド回収もできなくなるため、このカードを使うなら、できれば手札補充手段も多いことが望ましい。

この強力なcip能力により、【星龍マーシャル】【マーシャルビートダウン】のような特殊なコンボデッキが生み出されるようになった。

  • マーシャル(Marshall)とは軍隊における階級呼称の1つで、元帥(陸軍・空軍の)や総司令官を意味する。マーシャルを冠するのは他にも《邪悪の魔黒デビル・マーシャル》が存在する。
    • このことから、カード名は直訳すると「元帥の女王」「総司令官の女王」といったところ。S・トリガー獣のまとめ役たるこのクリーチャーにピッタリの名前であろう。

環境において [編集]

登場当時はシールド回収したカードのS・トリガーは使えない裁定だっため、《エメラル》の仕事の範囲を広げただけのスペックでしかなかった。そちらや《キャバリア・シャーク》と違って3枚の交換が出来るが、性能の低いスプラッシュ・クイーンの進化元を積んだ上で更にこちらを積むのは使いづらさが目立った。

DM-31では、ようやく2マナのスプラッシュ・クイーン、《コスモ・ポリタン》が登場し、3ターン目に出すことが以前より容易となった。
2009年8月28日にシールド回収したカードのS・トリガーは使えるという暫定回答が事務局から出され、このカードの評価は急上昇した。この裁定により、真っ先に目を付けられた組み合わせは、《星龍の記憶》のコンボ。当時の裁定では、同時にシールド手札に加える際には《星龍の記憶》を最初に使うことで以降のシールドをすべてS・トリガーにすることができた。
すなわち、最速3ターン目から《インビンシブル・フォートレス》《ロスト・ソウル》のような強力なカードを使うことができてしまった。
また、2体目の《マーシャル・クイーン》《フォース・アゲイン》で再度cipを発動させればもう1度暴発させられるため、《インビンシブル・テクノロジー》を絡めれば実質的に山札から好きなだけクリーチャー呪文を踏み倒すことが出来た。

しかし、すぐ後の2009年9月10日に、《星龍の記憶》で同時に手札に加えるカードS・トリガーを得られないという裁定変更がなされた。
これによって【星龍マーシャル】コンボを決めるには《星龍の記憶》を手打ちする必要が生まれ、テンポが大幅に削がれただけでなくコンボマナの確保も必要になり、元のコンボデッキ特有の脆さも相まって大幅に弱体化。【星龍マーシャル】はファンデッキに落ち着き、トリガービートである【マーシャルビートダウン】に主流を譲った。

2011年全国大会ビクトリーワン(オープンクラス)では、メタを読んだ【マーシャルビートダウン】が優勝を果たした。

2012年11月5日に《蛇手の親分ゴエモンキー!》の裁定変更に合わせて《星龍の記憶》を唱えた後にシールドゾーンに加えたカードは、手札に加えてもS・トリガーを得なくなり、【星龍マーシャル】は致命的な弱体化を受けた。

DMEX-12にて《海姫龍 ライベルモット・ビターズ》や優秀な軽量の進化元の充実で【ライベルモットループ】が成立し、そちらで活躍の機会を得た。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

スペックはそのままで、レアリティスーパーレアになった。

登場当時から、2コストの進化元に《コスモ・ポリタン》《妖蟲麗姫ドナ》がおり、3ターン目の着地が容易になった。さらに嬉しいことに、この2体はTCG版より進化元の指定が緩くなった《蛇魂王ナーガ》の進化元にもなれるので、それと同じデッキに入る。

TCG版の初期の頃よりは扱いはよくなっている。

  • 戻すシールドは自分で選ぶことができる。cipで加えたシールドの中身は自分だけが見ることができ、狙ったS・トリガーだけを発動させることも可能である。(《黒神龍ブライゼナーガ》ではランダムと明記してあり、選ぶことができない)
    • 自分のシールドが8枚以上あるとき、このカードで一時的にシールド追加して上限の10枚を越えそうになると、10枚を越えて溢れた分は墓地に置かれる。その後回収する枚数は墓地に置かれた枚数も含むため、結果的には自分のシールドが減ることになる。とはいえ、《マーシャル・クイーン》が入るデッキで過剰にシールド追加するのはオーバーキルなのでほとんど気にならない。
  • DMPP-06のカードプールで、クリーチャーのcipをループさせることが可能になった。以下はその手順。
  1. バトルゾーンにスプラッシュ・クイーン、手札に《インビンシブル・オーラ》1枚・《マーシャル・クイーン》2枚・《キング・アトランティス》2枚・cipを使い回すクリーチャー(以下は《冥府の覇者ガジラビュート》で説明してある)1枚を用意する。
  2. 《オーラ》を唱え、自身に「S・トリガー付与効果」を与える。
  3. バトルゾーンのスプラッシュ・クイーンに《クイーン》を重ねシールド交換を解決する。
  4. 《ガジラビュート》・《アトランティス》・手札の《クイーン》の3枚を暴発させる。
  5. 《ガジラビュート》でシールド焼却し、《アトランティス》で他のクリーチャーを手札に戻し、《クイーン》のシールド交換を解決する。
  6. 《ガジラビュート》・進化元のスプラッシュ・クイーン・手札の《クイーン》の3枚を暴発させる。
  7. 《ガジラビュート》でシールド焼却し、《クイーン》のシールド交換を解決する。
  8. 《アトランティス》・手札の《クイーン》の2枚を暴発させる。
  9. 《アトランティス》で他のクリーチャーを手札に戻し、《クイーン》のシールド交換を解決する。
  10. 4.に戻る。途中で《ガジラビュート》を《アクア・サーファー》《解体人形ジェニー》に切り替えることも可能。任意のタイミングで《アトランティス》の暴発を終了する。

このコンボを続けている間は、効果の解決中であり自動ターンエンドが起こるタイミングがないはずなので、ループ中は時間制限を気にしなくても良いはずである(推定)。
しかし、効果の解決を終えた時点で制限時間に達していれば自動ターンエンドになると思われ、このループをしたターン中にダイレクトアタックをすることはできない。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]