【ギラングレイル】 節を編集

《煌銀河最終形態 ギラングレイル》を早打ちするための専用デッキマナブースト、コスト軽減を行うシステムクリーチャー、シンパシーがバランス良く取り入れられている。

煌銀河最終形態 ギラングレイル VR 光文明 (12)
呪文
シンパシー:クリーチャー(この呪文を唱える時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただしコストは0以下にならない)
GR召喚を12回する。

主要カード 節を編集

【白単ギラングレイル】 節を編集

シンパシー、呪文のコスト軽減にデッキを寄せたタイプ。

主要カード 節を編集

《プロト・コア/暗黒の不法侵入》を早出し呪文コスト軽減の要/このデッキではマナが出ないので呪文面は飾り

候補カード 節を編集

超次元ゾーン 節を編集

超GRゾーン 節を編集

このデッキの回し方 節を編集

1ターン目に《ロジック・サークル》サーチし、2ターン目に《ヘブンズ・フォース》から《プロト・コア》を出し、3ターン目に《超次元ドラヴィタ・ホール》《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》リクルートするのが理想の流れ。

そのまま《ケンザン・チャージャー》を連打し、余ったマナで《ジャミング・チャフ》を唱えて妨害する。

それから2枚目の《ヘブンズ・フォース》で2体目の《プロト・コア》を出せると尚良い。後は1マナになった5コスト超次元呪文で盤面を広げ、さらにサーチで必要パーツを集め、最後に《煌銀河最終形態 ギラングレイル》を唱える。

そのままGRクリーチャーによる過剰打点やカウンター封じで安全に詰める。《ジャミング・チャフ》があれば尚良い。

弱点 節を編集

1ショットキル時に《ジャミング・チャフ》を唱えられないと全体除去呪文で逆転される恐れがある。

とにかくが全く合わない《プロト・コア》を《ヘブンズ・フォース》で出せないと話にならないため、コスト踏み倒しメタは大敵。着地を妨害されやすい《その先の未来へ、カミヤ・ミキ・ユア・ナルハ》を除けば除去も碌にないので、特に《洗脳センノー》は出されると負けたも同然。

《プロト・コア》が出る前に呪文コスト増加クリーチャーで縛られるのもキツイ。それ以上に対象がコスト5以下であれば呪文の詠唱自体を妨害する《正義の煌き オーリリア》が絶望的。

【緑単ギラングレイル】 節を編集

自然マナブースト《生命と大地と轟破の決断》による早出し、《カエルB ジャック》でのマナリソース化にデッキを寄せたタイプ。

DMEX-08期のチャンピオンシップで4位以内入賞を果たして話題になった。

主要カード 節を編集

候補カード 節を編集

超GRゾーン 節を編集

このデッキの回し方 節を編集

序盤はマナブーストを行い、5マナ貯まったら《ラ・ズーネヨマ・パンツァー/逆転のオーロラ》を打ち、マナゾーンにパーツが揃ったら《生命と大地と轟破の決断》によるコスト踏み倒しで《カエルB ジャック》《革命類 ネロティウス》を出す。

そのまま《カエルB ジャック》のマナリソース化能力と《革命類 ネロティウス》による踏み倒しを活かしてソリティアを行い、パーツを集める。後は《宣凶師ベリックス》で必要な呪文回収し、増えたクリーチャーを使って《煌銀河最終形態 ギラングレイル》唱える

大量GR召喚によって《マリゴルドIII》《天啓 CX-20》を出し、バトルゾーンや手札にリソースを集める。そして、《ヘルエグリゴリ-零式》《続召の意志 マーチス》《“魔神轟怒”ブランド》を破壊し、《続召の意志 マーチス》超GRの一番上になるように調整する。

最後にGRクリーチャーを使って《オールデリート》を放つ。すると《ロッキーロック》の耐性により超GRの一番上の《続召の意志 マーチス》がGR召喚され、《続召の意志 マーチス》の能力によるGR召喚により《“魔神轟怒”ブランド》がGR召喚される。《“魔神轟怒”ブランド》スピードアタッカーのはずなので、そのままダイレクトアタックを決める。

その他 節を編集

このデッキの構築は《煌銀河最終形態 ギラングレイル》の専用構築としてはあくまでも一例に過ぎない。《無限合体 ダンダルダBB》軸の【ダーツデリート】として仕上がった構築も存在する。

参考 節を編集