【ドルファディロム】 [編集]

聖魔連結王 ドルファディロム KGM 光/闇/火文明 (8)
クリーチャー:ディスペクター/エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド 13500
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く。)
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、またはこのクリーチャーの「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時、相手の多色ではないクリーチャーをすべて破壊する。
相手は多色ではない呪文を唱えられない。

デッキコンセプト《聖魔連結王 ドルファディロム》のみに絞ったデッキ白黒赤3色で組まれ、DMSD-18をカスタマイズしたデッキタイプと言える。

主要カード [編集]

候補ディスタス [編集]

候補ディスペクター [編集]

候補カード [編集]

超GR [編集]

その他 [編集]

《滅亡の起源 零無》《零龍》このデッキは比較的、卍誕しやすい

回し方 [編集]

《ボーンおどり・チャージャー》などでマナブーストしつつ、《バクアイラ-1》《ルドバット-1》などの小型ディスタスで手札を揃え、素早くディスペクターの召喚を狙う。

マナが伸びないのでディスペクターの召喚はササゲールの補助を受けた手打ちに拘らず、積極的にリアニメイトを狙っていきたい。

強い点 [編集]

豊富なS・トリガーG・ストライク、そしてディスペクターEXライフで粘り強く戦える。

弱い点 [編集]

序盤の立ち上がりが遅く、速攻に限らず4ターン目には安定してキルを仕掛けてくるようなデッキ全般に弱い。

色の都合上マナが伸びないため、コントロールに特化することも難しく、中速に近い戦い方になる。

大会シーンに持ち込むにはデッキパワーが低すぎると言わざるを得ず、ドルファディロムを使いたいにしても【5色蒼龍】などの方が活躍できる。

ただし3色デッキとしての基本は学べるデッキなので、初心者用の入門向けデッキとしては一定の立ち位置があると言える。スタートデッキでほぼパーツが揃うのも利点。

参考 [編集]