紫天連結(してんれんけつ) ネバーシデンド》 [編集]

紫天連結 ネバーシデンド SR 光/火文明 (7)
クリーチャー:ディスペクター/アーマード・ドラゴン/エンジェル・コマンド・ドラゴン 8000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
ブロッカー
W・ブレイカー
各ターン、このクリーチャーがはじめてタップした時、アンタップする。
このクリーチャーの「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時、そのターン、このクリーチャーはバトルゾーンを離れない。

DMRP-17で登場した/ディスペクター/アーマード・ドラゴン/エンジェル・コマンド・ドラゴン

EXライフ《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》アンタップ効果(以下、紫電効果)を持つブロッカー
さらにこのクリーチャーのEXライフシールドが離れた時にこのターン、バトルゾーンから離れなくなるという、《真・天命王 ネバーエンド》真・エスケープを彷彿とさせる能力を持つ。

紫電効果を持つブロッカーなので最大2回ブロックできる。
相手のカードの能力や効果でタップさせられても一度だけなら起き上がる事ができる。
EXライフによる耐性も持つため高パワーのアタッカーやスレイヤー持ちにも強気に出られる。
W・ブレイカーも持っているため攻めに回れば最大4ブレイクが可能。
1回だけ攻撃して擬似的な警戒持ちブロッカーとしても扱える。
また、非進化の光のコスト7のブロッカーであるため、《ヘブンズ・ゲート》《ドラゴンズ・サイン》などの踏み倒し手段にも広く対応している。
攻守のバランスの取れた優秀なクリーチャーと言えるだろう。

このテキストだと、パワー低下による破壊には、EXライフによりシールド焼却して生き残ろうとしたターンでもバトルゾーンにとどまれない。
というのも、バトルゾーンを離れなくなる効果にはトリガー能力解決が必要であり、パワーが0以下のクリーチャーが破壊されるのは常に判定され続けるためである。

他にも、「呪文を2枚唱える」といった効果で唱えられた呪文で2回除去を当てられたら、「自分のシールドゾーンを離れた時」が解決できる前にバトルゾーンから離れてしまい(総合ルール 101.4d)、結果としてバトルゾーンにとどまれない。
<バズレンダ>[無色(2)]を支払った《ASAPプライオリス》のように、複数のイベントに分けて除去を放つタイプでも、2回目の除去でバトルゾーンを離れてしまう。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]