《ソイルピンプ・キャベッジ》 [編集]

ソイルピンプ・キャベッジ R 自然文明 (5)
呪文
このターン、次に召喚する自然のパワー12000以上のクリーチャーのコストを最大8少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にはならない。

DMRP-04魔で登場した自然呪文

次に召喚する自然の12000以上のクリーチャーコストを8下げられる。
実質2コスト下げていた《フェアリー・ギフト》《戦慄のプレリュード》に比べると、呪文自体が重くなった代わりに実質3コスト分のコスト低下が可能となった。

このカードを払うマナと、次に召喚するクリーチャー分のコストが必要になるので、このカードを使うとしたら、6マナ以上溜まってからになる。コスト3軽減は魅力的ではあるが、制約が自然のパワー12000以上というだけではなく、その恩恵を最大限に受けるのがコスト9以上であることがかなり重くのしかかっている。
8コストのクリーチャーは2軽減、7コストのクリーチャーは1軽減、6コスト以下のクリーチャーには恩恵が全くない。しかも《偽りの王 ヴィルヘルム》のような多色クリーチャーは、文明の数だけマナを支払わなければならないため、9コストでも軽減できるコストが少なくなる。そのため、文面以上に3コスト軽減できるクリーチャーの数は限られる。そのため、登場当時から現在まで環境で入るデッキがないという憂き目にあっている。

自然のパワー12000以上というと真っ先に【ゲイル・ヴェスパー】を連想するだろうが、6マナ溜まることには既に《天風のゲイル・ヴェスパー》が着地しており、自然に限らずパワー12000以上のクリーチャーが常時大幅なコスト軽減ができるようになるので、このカードの出る幕がない。

【チェイングラスパーループ】にも入りそうではあるが、マナゾーン手札の条件が整わないうちに《連鎖類超連鎖目 チェインレックス》を早出ししてもあまり安定してループには入れないというジレンマを抱えることになる。

【5色フェアリー・ミラクル】に突っ込むにしても、軽減対象となるクリーチャーは数が少なく、ニンジャ・ストライク7の条件をいち早く満たすためにマナブーストを行った方が安定する。

《キングダム・オウ禍武斗》を早出ししてシールドを全てブレイクしていくことも考えられるが、スーパー・S・トリガーの危険がつきまとうことは変わらないため、これで《キングダム・オウ禍武斗》の不安定な性能をどうにかできるわけではない。

そんなこんなで、長らく日の目を浴びることがなかったこのカードだが、《ロールモデルタイガー》の登場で評価が上がる。《ロールモデルタイガー》を追加コストを1回払うことで、9コストでバズレンダを2回発動できることでお呼びの声がかかった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-04魔
    なんだぁ? 向こうの世界からこっそり持って来た種を育てたら、何か光り出したぞぉ!? ---自然星人

収録セット [編集]

参考 [編集]