【バイオレンス・フュージョン】 (デュエプレ) [編集]

バイオレンス・フュージョン SR 闇/自然文明 (13)
呪文
自分のマナゾーンと墓地から、名前の異なるゴッドをリンクした状態で、バトルゾーンの上限になるまでランダムに出す。

大型呪文《バイオレンス・フュージョン》召喚酔いのなくなったゴッド・クリーチャーワンショットするデッキ。

New Divisionでは、再録がない限りDMPP-15?が実装される前まで《バイオレンス・フュージョン》が使用可能である。

詠唱難易度はTCG版の《ゴッド・サーガ》と同じく、マナブーストして13マナ溜めるかコスト踏み倒しで唱える必要がある。
【ゴッド・サーガ】と同じく、このページでは数枚《バイオレンス・フュージョン》を入れただけのものは扱わない。

呪文自体にインビンシブル呪文のようなコスト軽減がない都合上、【ビッグマナ】のような構築にゴッド・カードを詰め込む形になりやすい。

黒赤緑4色でも3~5種のゴッド・カードを搭載可能であるが、カードパワーの高い《竜極神》《超絶究極神》を同時採用する場合は必然的に5色となる。
5色にすることですべてのゴッド・カードマナブースト手段の《フェアリー・ミラクル》、各文明のパワーカードを採用可能である。

《ラッキー・ダーツ》《星龍パーフェクト・アース》を用いて《バイオレンス・フュージョン》の高速詠唱を図るタイプは【マーシャル・クイーン】 (デュエプレ)を参照。

主要カード [編集]

ゴッド・カード [編集]

《金剛修羅王》
《金剛神ガナストラ》《バイオレンス・フュージョン》詠唱前から時間稼ぎに有効
《修羅王ガラサラマ》攻撃しながら1ドロー
《金剛修羅王ガナストラ・ガラサラマ》オールタップに強い警戒ブロッカー
《G・A・E》
《G・E・レオパルド》光のクリーチャーまたは光のゴッド(《龍仙ロマネスク》《超絶究極神》など)をサーチ
《G・A・ペガサス》《バイオレンス・フュージョン》や各種マナブースト呪文をサーチ
《G・A・E・ペガサス・レオパルド》アンタッチャブル
《邪道外道神》
《邪道神キキ》ブロッカー ブロック時に1ドロー
《外道神カイカイ》相手の呪文詠唱で1ドロー
《邪道外道神キキカイカイ》ハンデス能力はオマケ程度
《超絶究極神》
《超絶神ゼン》1ターンに2回ブロックできるブロッカー
《究極神アク》素出しするのは《バイオレンス・フュージョン》を唱えられそうにないときのみ
《超絶究極神ゼンアク》フィニッシャー
《烈流神》
《流神ウンギョウ》モヤシ
《烈神アギョウ》パワーアタッカー
《烈流神アギョウ・ウンギョウ》ナーフ前はアンブロッカブルだった)
《竜極神》
《竜極神ゲキ》コスト4以下をリアニメイト
《竜極神メツ》相手全体へ2000火力
《竜極神ゲキメツ》フィニッシャー、DP殿堂
《炎地武神》
《炎武神バルザック》ブロッカー破壊
《地武神オルメガス》ゴッドを探索して山札の上
《炎地武神バルザック・オルメガス》リンク時はシンプルなT・ブレイカー
《至高無上神》
《至高神オービタル》攻撃しながらセルフハンデス
《無上神アンダーワールド》ゴッドをマナ回収
《至高無上神オービタル・アンダーワールド》タップ中のウィニーを一掃しつつセルフハンデス
《破壊龍神》
《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル》ワールド・ブレイカー、《バイオレンス・フュージョン》で出した場合、こちらが呼び出される。

マナブースト [編集]

《フェアリー・ライフ》などの各種2コストマナブースト呪文
《ダーク・ライフ》墓地肥やし兼マナブースト ゴッドがどちらに置かれても《バイオレンス・フュージョン》で利用可能
《フェアリー・ミラクル》5文明があることで2ブースト
《ガーデニング・ドライブ》《バイオレンス・フュージョン》などをマナ回収可能なマナブースト呪文
《お清めトラップ》墓地利用メタを兼ねる
《セブンス・タワー》メタモーフにより1枚で3ブーストでき、13マナ到達への最大の近道となる
《クリスタル・フュージョン》8マナから僅か1枚で16マナに到達
《クルセイド・チャージャー》手札からゴッドなどを捨てつつゴッドをサーチするチャージャー
《龍仙ロマネスク》大量マナブースト
《メビウス・チャージャー》自分のクリーチャーが0体なら山札を削らないマナブースト
ロマネキャンセル手段としてやcip使用済みクリーチャーで2ブーストも
《霊騎幻獣ウルコス》多色進化と好相性
《勇猛護聖ウォルポニカ》ブロッカー兼マナブースト
《腐敗無頼トリプルマウス》ランダムハンデス兼マナブースト
《無頼電脳スプラッシュアックス》ドロー兼マナブースト
《大勇者「二角牙」》4ブースト+クリーチャー2枚マナ回収

その他の候補 [編集]

構築について [編集]

《バイオレンス・フュージョン》自体がインビンシブル呪文のようなコスト軽減手段を持たないコスト13の超重量呪文であるため、マナブーストは必須。《バイオレンス・フュージョン》は墓地からのゴッド展開も可能だが、この呪文を唱えるためのマナブーストだけでも山札の消耗は激しく、墓地肥やしを目的としたカードの採用は山札の消耗を更に加速させる点に注意。

また、《バイオレンス・フュージョン》+各種ゴッド・カードのみでもデッキ内の多色カード率は高まる。他の多色カードを採用しすぎることによる色事故には注意。

長所 [編集]

唱えられた場合は召喚酔いしないゴッドの展開によりフィニッシュ力が高い。

《超絶究極神》《竜極神》といった単体でフィニッシャーになり得るゴッドを採用する性質上、《バイオレンス・フュージョン》を唱えられなくても勝ち筋がある。
10マナまで溜まれば中型ゴッドを、14マナあれば大型ゴッドを1ターンでG・リンクで素出しできる。

短所 [編集]

《バイオレンス・フュージョン》自体が重量呪文であり、デッキスペースもマナブーストゴッド・カードに割かれるため、速攻系統には不利。
また、《アポカリプス・デイ》を受けると《超絶究極神》により破壊されるかわりに手札に戻せるもののマナの枚数が減っているため立て直しが難しい。

参考 [編集]