GR(ガチャレンジ)・マスターズ [編集]

超天篇中期から十王篇初期にかけて、GRクリーチャーとそれをGR召喚するカードによって、対話拒否が繰り広げられてしまった環境のことを言う。

ボルバル・マスターズに次ぐ、デュエル・マスターズの最大級に問題視された環境で、その惨状は公式自らも「失敗」だったことを認めるほどだった。

GR・マスターズの変遷 [編集]

DMRP-11 [編集]

事の発端は、DMRP-11から。

DMRP-11では、ハイスペックなマナドライブ5、6を持ったGRクリーチャーが続々と登場。
マナドライブの条件を満たしていなければただのバニラ同然のクリーチャーたちだが、ひとたびマナドライブの条件を満たせば、従来のコスト論を遥かに上回るアドバンテージを叩き出せるようになる。

そうしたGRクリーチャーを大量展開できるクリーチャーとして最初に採用されたのが、《BAKUOOON・ミッツァイル》
DMRP-11以降は、この《BAKUOOON・ミッツァイル》と上記の大型GRクリーチャーによる対話拒否起こす数々の【ミッツァイル】が構築された。

元々、DMRP-09に登場した《BAKUOOON・ミッツァイル》は、登場当時から味方にスピードアタッカー付与することもできる高いカードパワーを誇っており、DMRP-11以前のバニラかもしくはそれに近いスペックGRクリーチャーを並べても、環境トップメタの一角に立てるほどの力があった。

それが、マナゾーンのカードが6枚以上揃えば、cipで3枚ドローができる《天啓 CX-20》、コスト5・6のクリーチャーの踏み倒しができる《ダダダチッコ・ダッチー》《マリゴルドIII》、こういったクリーチャーが大量展開できるとなれば、そのカードパワー環境を容易に荒廃させるレベルに達することは必然であった。

《ミッツァイル》は、GR召喚能力持ちのカードの中では非常に汎用性が高く、更にゲーム終了までのターンが非常に早いため、ビートダウンだろうがコントロールだろうが非常に多くのデッキで採用することが可能だった。
逆に、余りにも手軽に使用できることから、【ミッツァイル】に不利な初動の遅いビッグマナの多くは軒並み環境から姿を消してしまった。それらのデッキはその遅さをカバーするためにS・トリガーを多めに積む事が少なくないが、厄介な事に【ミッツァイル】単騎ラフルル等のカウンターケアを持ち合わせている事も多かったため、尚更対策が困難だった。さらには、そんなマイナーになったビッグマナにすら《ミッツァイル》が取り入れられることもあった。

ミッツァイルの主軸であるGR召喚メタカードが非常に少ない上に、肝心の数少ないメタカードも使用する前に殴り切られてしまう事が多く、更にそのメタカードも【ミッツァイル】ミラーマッチ対策に取り込まれていった。代表的な例には、《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》単騎ラフルルがある。これらのロックによって、S・トリガーを始めとしたデュエル・マスターズの逆転要素を完封したうえで1ショットキルも普通に行われるため、相手は本当に何もできずに負けてしまうことも多かった。

こうした対戦環境目線で見た不健全さは止まる所を知らなかった。

なお、当時は《ミッツァイル》のカードパワーが元から高いものもあって、プレイヤーの非難はGRクリーチャーではなく、《ミッツァイル》に向けられることが多かった。そういうこともあってか、当時は「ミッツァイル・マスターズ」と呼ばれた。

最終的に《BAKUOOON・ミッツァイル》と、【ミッツァイル】のループパーツに使われた《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》は、2020年1月1日付での殿堂入りが決定した事でミッツァイル・マスターズは幕を降ろした。しかし、《ミッツァイル》が殿堂入りした後もGRクリーチャーの暴走はやむことはなかった。

DMRP-12DMRP-13 [編集]

《ミッツァイル》が殿堂入りした後は、環境は少し落ち着くかのように思えた。しかし、次は《ミッツァイル》1枚と、《ミッツァイル》への依存度の低い《MEGATOON・ドッカンデイヤー》4枚を投入した構築である【ドッカンデイヤーミッツァイル】CS環境を席巻した。また、これに次いで【バーンメアジョーカーズ】も環境上位に食い込み、ついには【ドッカンデイヤーミッツァイル】から《ミッツァイル》を抜いた【ドッカンデイヤー】がCS上位入賞を果たした。
やがて、DMRP-12で登場した《ヨミジ 丁-二式》が、《ミッツァイル》にも《ドッカンデイヤー》にも頼らずに【ヨミジループ】という専用デッキを形成し、その一種である【白黒緑ヨミジループ】がチャンピオンシップで4位以内入賞を果たしたことで、前述の指摘は見事的中。GRそのものを禁止にすべきという声や、「GR・マスターズ」「ミッツァイル5枚制限」(《ドッカンデイヤー》4枚+《ミッツァイル》1枚)と揶揄する者も出現しはじめた。

環境が落ち着くどころか、GRメタにもなった《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》殿堂入りしたことが完全に仇となり、むしろ悪化したとも言える事態になった。
そして、DMEX-08発売以降も【バーンメアジョーカーズ】【ドッカンデイヤー】が環境トップに君臨し、GRを使った対話拒否が引き続き行われ続けた。

ここでようやく、多くのプレイヤーがGRクリーチャーのカードデザインに問題があると気付き、「GR・マスターズ」と呼ばれるようになる。

十王篇に突入したDMRP-13では、GRクリーチャーオーラは一切収録されず、逆にGRメタとなる《U・S・A・BRELLA》《リツイーギョ #桜 #満開》が収録されるなど、GRの鎮静化を図る姿勢が強く見られた。
しかし、上記2枚のメタカードへの対抗策も【バーンメアジョーカーズ】などでは講じられており鎮静化には至らなかった他、コロコロ公式ページ及びコロコロチャンネルでは同パック収録の《不敵怪人アンダケイン》を用いた【友情カラフルアンダケイン】が研究仙人まつがんによって解明されたりもしているため、やはりオーバースペックなマナドライブ持ちGRクリーチャーが殿堂入り等しないことには収まらないと思われた。

結局DMRP-13発売後早々、チャンピオンシップで無情にも【ドッカンデイヤー】の優勝・入賞報告が大半を占めることになった。

GR・マスターズの終焉 [編集]

そして、2020年7月1日付で後継の《MEGATOON・ドッカンデイヤー》殿堂入り、GRクリーチャーの中でも特に凶悪と評された《マリゴルドIII》《ヨミジ 丁-二式》がどちらも一発プレミアム殿堂となった。
GRメタに関しても、更に《「戒律の大弓」》《DORRRIN・ヴォルケノン》《ドラグ変怪》《ワナビーワラビー》などが登場しており、GRクリーチャーが環境を席巻するような事態は見られなくなった。

【バーンメアジョーカーズ】環境で活躍し続けたが、《マリゴルドIII》を失って弱体化してからは、強いデッキの1つで収まっている。

GR・マスターズの問題点 [編集]

特定のカード、デッキが環境を支配するだけであれば、これまで17年間以上続いたデュエル・マスターズではよくあったことだが、それでもGR・マスターズ環境は一線を画した。

【ミッツァイル】【ドッカンデイヤー】ループに入ることが多く、上手く回ればゲーム開始から最速3、4ターン目にループによる対話拒否が始まることが一番の問題点だろう。ゲーム開始から《ミッツァイル》や《ドッカンデイヤー》が着地するまでの時間よりも、ループ時間の方が遥かに長くなり、負けた方はほとんど何もしていないのに相手がループするのをひたすら見るだけで終わってしまうことも多い。カードをまだ1,2回しか使っていないのに、ループだけを見せられて負けるという理不尽さを叩きつけられる事例は後を絶たない。実際の試合時間をみれば、コントロール同士の戦いよりは短いが、試合の大半をループに奪われるため、ループに入るまでの時間の短さも相まって体感的にはゲームがとても長く感じてしまう。ループしている方も、対戦ではなく半ば作業になってしまうため、対戦ゲームとして機能がほとんど失われていた。

大量展開するデッキにありがちな全体除去に弱い点も、各種ループの過程で相手をロックしてカバーでき、それらを確保出来ない場合も《ミッツァイル》や《ドッカンデイヤー》も複数体並べればある程度ケアすることが可能な点も凶悪だった。

なにより問題だったのは、当時はGRのメタカードが少ないことであった。「コストを支払ったものとして召喚する」GR召喚の前では、大抵のコスト踏み倒しメタが機能せず、前述した通り、数少ないGRメタ《「本日のラッキーナンバー!」》も、【ミッツァイル】のループパーツに使われるという有様だった。
《「本日のラッキーナンバー!」》が殿堂入りした後に環境で猛威を振るった【ドッカンデイヤー】【バーンメアジョーカーズ】では、《「本日のラッキーナンバー!」》がループパーツとして悪用されることはなかったため、完全に悪手だったと言える。

しかも、問題は対戦環境だけでなく、デッキの構築費用にもかなり問題があった。
【ミッツァイル】【ドッカンデイヤー】【バーンメアジョーカーズ】も、構築費用が家庭用ゲーム機1台とゲームソフト1本買える以上の値段に達することもあり、その中の高額カードのほとんどが超天篇で登場したばかりのカードなので、古参ユーザーも新規ユーザーと大差ない構築費用を要求され、これまで培ってきた資産が環境に否定される状態になってしまった。さらに掘り下げれば、この資産ゲーの問題は双極篇の時から続いていており、2シリーズに渡って資産ゲーが全く改善されていない状態であった。

双極篇まで苦労して入手した高額カードはほとんど使わず、超天篇の新規カードに多額の費用をかけて行われるゲームが対話拒否なら、多くのプレイヤーが辟易してしまうのは当然のことである。

GRクリーチャーの調整ミスの原因と考察 [編集]

ここまでGR環境が激化したのは、DMRP-11以降のGRクリーチャーのカードパワーが高すぎることが真っ先に指摘されるが、こうなってしまったのには以下の理由が考えられる。

1つ目の理由としては、GRクリーチャーに個性を持たせたかったというのが1番大きいと思われる。GRを使ったデッキはビートダウン向けの【ミッツァイル】【ガンバトラージョーカーズ】が主流であり、基本的に打点としての運用が基本だった。オレガ・オーラのデッキでも、オーラがメインでGRクリーチャーはそのための媒介という主な役割で、GRクリーチャーの能力に焦点を当てられることはあまりなかった節がある。
要はGR召喚にガチャ特有の「何が捲れるか…」というハラハラドキドキを感じる局面は少なかったのである。
結局強化しても「欲しい物が出るまでGR召喚を続ける廃課金プレイ」「何が出ても良い方向に転ぶ確定ガチャ」となり、スリルは無かったが。

2つ目の理由は、重量級マナドライブ持ちのGRクリーチャーコントロールを意識してデザインされたこと。マナドライブ持ちのクリーチャーは、マナドライブが発動していなければ、通常のGRクリーチャースペックが劣るため、ビートダウン向けのGRクリーチャーとコントロール向けのGRクリーチャーの棲み分けを図ろうとしたこともうかがえる。
そして、《BAKUOOON・ミッツァイル》はどちらかと言えばビートダウン向けのスペックなので、重量級マナドライブと共に使われることは想定していなかったと思われる。

さらに来たるDMRP-12では、DMRP-11での反省を全く見られないような強力なマナドライブ能力を持ったGRクリーチャーが多数登場している。これは、製造日までにカードのデザイン変更が間に合わなかったことも考えられるが、そうでないとしたらGRの暴走の主な原因が《BAKUOOON・ミッツァイル》にあると判断された可能性が高い。そう思われる理由としては、DMRP-12マナドライブはすべて自壊能力を持っているからである。要は《BAKUOOON・ミッツァイル》の召喚時の破壊効果で悪用されないようにしたと推測できる。
しかし、それはGRクリーチャーに自力で再びGR召喚でバトルゾーンに出てこれる機会を与える結果となっただけであり、《ヨミジ 丁-二式》も自壊能力がなければループすることはほぼなかったため、悪手でしかない。

ここまで来れば流石に開発陣も懲りないわけがなく、新規のGRクリーチャーが収録された最後のエキスパンションとなったDMEX-08では、そのようなマナドライブ能力を持ったものは一切収録されず、逆に《奇跡の長男 おそ松》などのガチデッキで採用しにくいものばかりが多く目立つようになった。

補足 [編集]

ただ、GR・マスターズは、決してGR一辺倒な環境だったという訳ではない。

【カリヤドネループ】【ロマノフシャコガイル】【アンダケインドルマークス】【ダッカルパラノーマル】【赤単ブランド】【サンマックス】など、対抗できるデッキはあった。
【ミッツァイル】全盛期だったDMGP-9thでは、【赤単ブランド】が準優勝、【カリヤドネループ】は優勝を飾り、【ミッツァイル】はベスト8に1人残った程度の結果となった。

しかし、こうした対抗デッキも、速攻デッキや、最速3、4ターン目にループロックを決めるデッキに限られており、ビッグマナやその他のコントロールデッキでは大体太刀打ちできず、環境で活躍できるデッキの幅を著しく狭べていたことには変わりはない。

また、【カリヤドネループ】【アンダケインドルマークス】【ダッカルパラノーマル】も、GR関係なしに環境に悪影響を与える壊れデッキであったため、環境を荒らさないデッキでGRに対抗できるデッキは、速攻デッキのみだったため、やはり不健全な環境であったことは自明である。現在は、これらの3つのデッキも殿堂レギュレーション改訂によって弱体化している。

参考 [編集]