暗黒破壊神(あんこくはかいしん)デス・フェニックス》 [編集]

暗黒破壊神デス・フェニックス P 闇/火文明 (4)
進化クリーチャー:ゴッド/フェニックス 9000+
墓地進化V:闇または火のクリーチャーを2体墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつ出す。
パワード・ブレイカー
トライ・G・リンク:《龍神ヘヴィ》の右横または《龍神メタル》の左横、またはその間(バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい)
メテオバーン:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下に重ねたカードを1枚、墓地に置いてもよい。そうしたら、《龍神ヘヴィ》または《龍神メタル》を1体自分の墓地から出す。

DMEX-16で登場した/ゴッド/フェニックス進化クリーチャー

《破壊神デス》《暗黒王デス・フェニックス》と合体し、《破壊神デスペラード》よりさらにコストが軽くなってリメイクされた。
墓地進化Vによって墓地に進化元が2体必要になったとはいえ、コストが4まで下がっているので出しやすさが格段に上がっている。

さらにメテオバーンでリンク先を出せてしまうため、ヘヴィ・デス・メタルの完成難易度自体も大幅に下がっている。
また、《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》を進化元にすれば、メテオバーンでそれを墓地に置いてそのまま出すことができるので、その2体とはまた別に進化元を用意しておく必要もない。

コスト4の軽さで《龍神メタル》ランデスを仕掛けられる、もしくは《龍神ヘヴィ》を蘇生することでパワー14000以下のクリーチャーを殲滅&牽制できるのは破格。登場時の環境では《蒼き守護神 ドギラゴン閃》を一方的に返り討ちにできるパワーラインが非常に大きい。
さらにG・リンクによって、除去を受けても1回だけならリンクしたゴッドを身代わりにでき、次のターンにまたメテオバーンでG・リンクし直して粘り強い戦いもできる。

コスト踏み倒しメタに引っかかっても、出せれば《龍神メタル》ランデス効果は使うことができ、《龍神ヘヴィ》G・リンクせずに単体で出して《ヘヴィ》の能力で《ヘヴィ》自身を破壊すれば事実上コスト踏み倒しメタに引っかからずに無駄がない。

ただ、このカードには《破壊神デス》《破壊神デスペラード》のようなトライ・G・リンクした時、あるいはリンクしている間に働く能力を持たない為、それらと比較すると3体リンクをするメリットは少ない。
それでもパワー21000のQ・ブレイカーになり、《龍神ヘヴィ》の効果で相手に自爆特攻させる際にバトルで負ける相手を減らすことができ、2回分の耐性を獲得できるため、それなりに恩恵は大きい。

《メルゲ否男/「今も我らの願いはただひとつ」》《ブラッディ・クロス》《ダーク・ライフ》《悪魔妖精ベラドンナ》などの1マナ墓地肥やしやマナブーストを兼ねるものを駆使すれば最速3ターン目にも出せる。

自然入りの場合、《幻緑の双月/母なる星域》も相性が良い。
クリーチャー側で2ターン目のマナブーストができ、呪文側でマナゾーンにある《暗黒破壊神デス・フェニックス》を出すことができる。《母なる星域》は唱える時点でマナゾーンに3枚のカードがあればコスト4の進化クリーチャーを出せるのはポイント。

従来のド派手なスペックの破壊神デスよりも安定性と小回りに優れたスペックと言える。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]