EPISODE 4 動き出す巨影 [編集]

メインストーリー4つ目のEPISODE。2020年7月16日公開。
相手がDMPP-03DMPP-04のカードも使用する様になり、使用デッキは3色デッキも基本となる。

ストーリー [編集]

試練の塔の地下で追い詰めた牛次郎を庇ってデュエルを挑んできた幽をプレイヤーは倒したが、幽の目論見通り時間稼ぎにはなったため、牛次郎には逃げられてしまった。
幽の行動に疑問を持ったルピコは事情を尋ねようとしたが、カード狩りの一味を自称する幽が更に食い下がろうとした時、幽を探していたバケツマンが彼女を守るべく乱入して来た。
一方その頃、カイトはカード狩りの事件を受けて調べた情報から、デュエマシティの監視カメラ網には試練の塔に繋がる様に抜け道がある事、そして犯人一味が試練の塔を拠点としているであろう事を突き止めていた。
エレナと共にカイトに呼び出されてその情報を聞かされたグレンは、五守護総出で試練の塔に向かう事を提案した。

第1話 彼女はぼくが守る [編集]

あらすじ [編集]

共に行動していた不亞幽はジャマー団
しかもカード狩りの犯人と判明する
追い詰めた矢先に乱入してきたのは…

デッキ [編集]

デッキ名は「光火自然ドラゴン」。使用者はグレート・バケツマン。
《緑神龍ダクマバルガロウ》フィニッシャーにした白赤緑リースカラーの【カチュアシュート】

第2話 駆け付けた英雄たち [編集]

あらすじ [編集]

バケツマンも倒し、追い詰めた所に
守護者たちが登場する
これで事態は収束するかと思われたが…

デッキ [編集]

デッキ名は「光火シンパシー」。使用者は火の守護者 グレン。
メルト・ウォリアーアーマード・ドラゴンを中心にした白赤ビートダウン

第3話 街の人気者 [編集]

あらすじ [編集]

街のつくりに違和感を覚えるカイト
何か考えのある白凰 それぞれの思惑
が動く中、グレンは街に繰り出す

デッキ [編集]

デッキ名は「水火自然WS」。使用者は料理人 アルバーノ。
火と自然を中心にした青赤緑シータカラーの【ウェーブストライカー】

第4話 次なる騒ぎ [編集]

あらすじ [編集]

デュエルに夢中なグレンを置いて
役所に向かうルピコ達
そこに飛び込んできたのは悲鳴だった

デッキ [編集]

デッキ名は「水闇火コントロール」。使用者はジャマー団1号。
ハンデスを中心にした青黒赤クローシスカラーの【ボルメテウスコントロール】

第5話 迷惑の目 [編集]

あらすじ [編集]

カード狩りを追い払ったルピコ達
そこに一人の人物が駆けつけてくる
ルピコ達にかけた言葉は賞賛ではなく…

デッキ [編集]

デッキ名は「光闇シンパシー」。使用者は闇の番人(女)。
軽量デーモン・コマンドシンパシーを狙う白黒【アウゼス】

第6話 野生のお告げ [編集]

あらすじ [編集]

街を守るために戦うグレンと別れ、
ルピコ達は役所へと向かった
しかし市長は不在のようで…

デッキ [編集]

デッキ名は「水闇自然メイデン」。使用者は自然の守護者 チュリン。
リキッド・ピープルビーストフォークを中心にした青黒緑アナカラーの【クイーン・メイデン】

第7話 白の騎士 [編集]

あらすじ [編集]

チュリンの話を聞き、試練の塔へ向かう
ルピコ達はそこに居合わせた守護者達と
合流し、最上階を目指そうとするが…

デッキ [編集]

デッキ名は「光水自然ジャイアント」。使用者は黄昏 ミミ。
《剛撃聖霊エリクシア》のために光を投入した白青緑トリーヴァカラーの【ジャイアント】

第8話 真相を求めて [編集]

あらすじ [編集]

ミミの言葉に引っかかりを覚えながら
最上階に登りついた二人に向かって、
待ち構えていた白凰は口を開いた

デッキ [編集]

デッキ名は「水火自然ドラゴン」。使用者はコッコ・ルピコ。
ドラゴンを中心にした青赤緑シータカラーの【青赤緑ビートダウン】

第9話 牛次郎の傀儡 [編集]

あらすじ [編集]

乱入してきた牛次郎のそばには不亞幽
がいた 虚ろな目をした少女は主人に
忠実な傀儡となって襲い掛かる

デッキ [編集]

デッキ名は「光水闇WS」。使用者は不亞 幽。
光と闇を中心にした白青黒ドロマーカラーの【ウェーブストライカー】

第10話 快活な嵐 [編集]

あらすじ [編集]

突然現れた豪快に笑う二人 傍らの女
にルピコは複雑な表情を見せる
塔の最上階で、死闘が始まる

デッキ [編集]

デッキ名は「光闇自然コントロール」。使用者はJJ
《二角の超人》《悪魔聖霊バルホルス》《剛撃聖霊エリクシア》フィニッシャーにした白黒緑ネクラカラーの【白黒緑二角コントロール】

参考 [編集]