EPISODE 8 望むべき未来 [編集]

メインストーリー8つ目のEPISODE。2021年4月22日公開。
相手がDMPP-08DMPP-08EXのカードも使用する様になる。
前回に引き続き、このEPISODEもデッキ名の文明順が何故か火→光→水→闇→自然となっている。

ストーリー [編集]

第1話 尊厳なきヒカリ [編集]

あらすじ [編集]

牛次郎の卑劣な洗脳に次々と堕ちる仲間達
プレイヤーを仲間の手ずから葬らせようと、
ザキラが乱心の守護者達をけしかける
一人目、高貴なるエレナは
品性を巣食われ、醜い欲望を露わにする

デッキ [編集]

デッキ名は「光水自然ヴィーナス」。使用者は光の守護者 エレナ

第2話 フシゼンなおねだり [編集]

あらすじ [編集]

エレナの尊厳を取り戻したプレイヤー
しかし休む間もなく、精神操作された
チュリンが襲い掛かる
かつての純粋無垢な瞳はそこにはなく、
ただ貪るようにデュエルを懇願する

デッキ [編集]

デッキ名は「水闇自然キキカイカイ」。使用者は自然の守護者 チュリン。

第3話 ミズカらの運命 [編集]

あらすじ [編集]

辛くもチュリンを救い出すプレイヤー
しかしなお洗脳された仲間達は襲い掛かる
そう、あくまで彼は正気を失っているのだ
そうでなければ、あの理知的、論理的、
理路整然としたカイトが、こんなこと…

デッキ [編集]

デッキ名は「火光水自然インビンシブル」。使用者は水の守護者 カイト。

《ラッキー・ダーツ》《蒼神龍スペル・グレートブルー》によるインビンシブル呪文踏み倒し《蒼神龍メタモルフィース》《幻想妖精カチュア》によるクリーチャー踏み倒しを行う。
は入らないが《薫風妖精コートニー》により実質5色デッキ。また染色によるインビンシブル呪文コスト軽減も担っている。
ストーリーに合わせたためかかなり運任せなデッキとなっている。
《インビンシブル・テクノロジー》DP殿堂入りする前は2枚入っていたが、DP殿堂後は1枚となり、かわりに3枚だった《蒼神龍スペル・グレートブルー》が4枚に変更となった。

《インビンシブル・テクノロジー》DP殿堂

《インビンシブル・テクノロジー》DP殿堂

第4話 ヒドウなる操り人形 [編集]

あらすじ [編集]

強靭な精神でアヤツレールに抗うグレン
しかしアークの甘い囁きに、
ついにグレンも内に燃やした欲望を剥き出し
プレイヤーに襲い掛かる

デッキ [編集]

デッキ名は「火水ティラノ・ドレイク」。使用者は火の守護者 グレン。

第5話 ヒルイなき闘争本能 [編集]

あらすじ [編集]

プレイヤーらの助けにより、
どうにか脱出に成功したマッカランとJJ
満身創痍の二人の前に、ある人物が現れる
一方、強力な電波を浴び続けたグレンは
洗脳が解けず、本能のままに暴走し始め…

デッキ [編集]

デッキ名は「火単速攻」。使用者は火の守護者 グレン。

第6話 ヤミクモな言いつけ [編集]

あらすじ [編集]

連戦に次ぐ連戦にも耐えるプレイヤー
残るは闇の守護者 ルカを救うのみ
高潔な矜持で洗脳電波に抗うルカの様子から
アヤツレールの弱点が明らかになる

デッキ [編集]

デッキ名は「光闇自然速攻」。使用者は闇の守護者 ルカ。
コスト4以下のフルクリーチャーで構成された【速攻】
以前は《驚天の超人》が使用されていたが、《驚天の超人》ナーフされた後は《夢見がちモッフル》を使用している。
これは《驚天の超人》コストが3から6に変更されたためデッキコンセプトから外れるためだろう。

《驚天の超人》ナーフ

《驚天の超人》ナーフ

第7話 すべてを求む理由 [編集]

あらすじ [編集]

激しい闘いにより五守護を取り戻すも、
プレイヤーの前にホワイトが立ちふさがる
その隙にゲート開放装置が起動され、
ザキラは未知なるクリーチャー世界を目指す
真の理由を語り出す

デッキ [編集]

デッキ名は「火光闇ヘブンズ・ゲート」。使用者はホワイト。

《悪魔聖霊バルホルス》《血風聖霊ザーディア》などを主力とした【ヘブンズ・ゲート】 (デュエプレ)
《連珠の精霊アガピトス》を使用するが、呼び出せるクリーチャー《血風神官フンヌー》しかいない。
だがスピードアタッカーなので即座にタップキルを狙ってくるため注意が必要。
《連珠の精霊アガピトス》ナーフ後は《血風神官フンヌー》から《結界の守護者クレス・ドーベル》に差し替えられた。
これは《連珠の精霊アガピトス》で呼び出せるクリーチャーの範囲がコスト3から2に変更されたためであろう。

《連珠の精霊アガピトス》ナーフ

《連珠の精霊アガピトス》ナーフ

第8話 ワタシの望むデュエル [編集]

あらすじ [編集]

ゲートに亀裂が走り、異世界の開放は目前
最後の抵抗を見せる仲間達だが、敵の命令で
ルピコがプレイヤーを攻撃しようとする
だがアヤツレールの「自分の望む行動には
抗えない」性質を利用し、ルカはルピコに
自身が本心から望むことは何か呼び掛ける

デッキ [編集]

デッキ名は「火光闇ゲキメツ」。使用者はルピコ。

第9話 悪しき野望を打ち砕け [編集]

あらすじ [編集]

ボロボロのプレイヤー達の前に、
ミミ達が助太刀に現れ、形成が逆転する
だが破壊したゲート開放装置にエネルギーが
満ちて爆発寸前…。脱出を図る仲間達だが、
プレイヤーだけは自身に向けられた
ザキラの憎悪に向き合い、カードを構える

デッキ [編集]

デッキ名は「火光闇ドラゲリオン」。使用者はザキラ。
2021年7月21日に《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》DP殿堂したが、デッキ内容は変更されていない。

第10話 大きな一歩 [編集]

あらすじ [編集]

絶体絶命の窮地を乗り越え、
デュエマシティは平和を取り戻した
ジャマー団や白凰達はこれからの道を決め、
五守護も心新たに使命を担う決意を固めた
そして、ルピコとプレイヤーは…

デッキ [編集]

デッキ名は「火光自然ドラゴン」。使用者はルピコ。

参考 [編集]